FC2ブログ
HOME   »  2014年06月25日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 [グループA ブラジル4-1カメルーン]

 グループリーグの最終第3戦、ブラジルはカメルーンに勝利して2勝1引分としてグループリーグ突破を決めるとともに、3点差の勝利でしたので、同組のメキシコを得失点差で上回り、グループAの1位通過となりました。

 1位通過と2位通過では、決勝トーナメント1回戦(ベスト16)の対戦相手が異なります。グループBの1位通過がオランダ、2位通過がチリであることは、ゲーム前に分かっていたことですから、ブラジルとしては1位通過することで、ベスト16の相手をチリとしたかったと思いますから、このゲームは「安心できる得失点差」を確保しなければならない、難しいゲームでした。
 3点目4点目が入り、ようやく安心できたゲームだったことでしょう。

 案の定、ゲーム運びのうまさに定評があるメキシコはクロアチアを3-1で下しましたから、ブラジルとしては1-0での勝利や引き分けであれば2位通過となっていました。
 優勝を狙うチームは、「グループリーグを突破さえすれば良い」などとは、決して考えません。

 もちろん、たとえ2位通過でもベスト16のゲームでオランダに勝てばよいわけですが、チームの調子が上がる前に強豪国と対戦するのは回避したいと考えるのが、当然の戦略でしょう。

 さて、大会開幕後ブラジルチームの調子は上がりませんでした。

 初戦は、クロアチアに3-1で勝利したとはいえ、ネイマール選手の2得点に負うところが大きいゲームでした。第2戦はチリのゴールキーパーGK・オチョア選手の大当たりに遭遇したとはいえ0-0の引き分けで、1位通過が危ういところまで追い込まれました。

 そして、第3戦も前半17分にネイマール選手が先取得点を挙げたものの、前半26分に今大会ここまで無得点のカメルーンチームに初得点を許して同点とされました。
 そして前半35分、再びネイマール選手の得点で2-1とリードして前半を終了しましたが、ゲーム内容は互角、あるいはカメルーンにやや押され気味というもので、「ネイマール頼み」という試合内容は、とても安心できるものではありませんでした。

 ネイマール以外に得点できないチームという状態は、チームとしては良くないことであることは明らかですし、実際2-1のまま勝ち切ったところでメキシコとのグループ1位争いは微妙でしたし、2-2の同点とされるリスクもありました。もちろんネイマールのハットトリックという可能性もあったのですが、いかにネイマールとはいえ、狙ってハットトリック出来る程、ワールドカップは甘くないでしょう。

 後半開始の頃には「ブラジル危うし」という感じが漂っていました。

 そして後半4分、ネイマールのフリーキックからブラジルの波状攻撃、最後はフレッジ選手が決めて3点目。
 これで、相当安心したブラジルチームは、後半38分、フレッジ→オスカル→フェルナンジーニョと繋いで4点目を挙げ、ゲームを決めるとともに「おそらく1位通過できる」であろう状況を創り出したのです。
 ブラジルチームにとってギリギリのゲームであったと思います。

 このゲームの後半に入って「ブラジルはようやくチームとして動き出した」ように観えます。

 昨年のコンフェデレーションズカップのゲーム内容などから、ブラジルチームがチームとして考えている得点者の順位を推定してみます。

① ネイマール
② フレッジ
③ パウリーニョ
④ オスカル
⑤ その他のプレーヤー

 といったところではないかと思います。

 エースのネイマールは、その能力とポジションから、チームの得点エンジンであることは明らかです。
 また、ワントップのフレッジは、ポストプレー他により、相手ゴール周辺で味方プレーヤーにボールを供給するのが主たる仕事でしょうが、何しろ「常に相手ゴールに最も近いところに位置する」のですから、得点のチャンスも生まれます。
 ペナルティエリア付近での鬩ぎ合いの中から、一度中盤にボールを下げた時、ミッドフィールダーMFにミドルシュートのチャンスが生まれることが有りますが、ブラジルチームでこれを打っていくのはパウリーニョの仕事になります。
 ネイマールとのペナルティエリア近辺でのボールのやり取りから、自身もゴールを狙う機会があるという意味で、オスカルにもシュートチャンスがあるでしょう。

 この①~⑤のパターンの中で、このゲームの前半までは①ネイマールに頼り切ったチームとなっていたのですから、調子が上がっていなかったと言わざるを得ません。大変危ない状況だったのです。
 後半にフレッジ選手のゴールが生まれ=②が実現し、最後に⑤が実現した形。ようやくチームとしてのブラジルが稼働したように観えます。調子が上がらなかったチームをここまで支えてきたネイマール選手の貢献は、極めて大きなものだと思います。

 ただし、ブラジルチームの重要な得点源であり、相手にとっての驚異でもあり、得点パターンを飛躍的に広げる効果もある③パウリーニョのミドルシュートは、決まっていないどころか姿も見えないという感じです。これからということでしょう。

 従って「ブラジルチームの調子は70%位」という感じです。

 もちろん、70%というのはグループリーグを突破する段階での調子としては十分というか、「絶好という見方」もあります。
 近時の大会は「グループリーグ全勝のチーム」は中々優勝できていないという事実もあります。(2010年大会のスペインは初戦のスイス戦に敗れての2勝1敗、2006年大会のイタリアは2勝1引分での通過)

 さて、開催国ブラジルが、なんとか1位通過を決めました。

 ワールドカップ2014ブラジル大会は、これからです。

スポンサーサイト



 [グループG アメリカ2-2ポルトガル]

 グループGでポルトガルが苦戦しています、この6月22日のゲームもアメリカにリードを許し、インジュリータイムも残り僅かというところで、クリスティアーノ・ロナウド選手からバレラ選手へのパスが通って2-2の同点に持ち込んだ形です。

 最終第3戦で、ポルトガルがガーナに勝ち、アメリカがドイツに負けて、得失点5点差をひっくり返すという「極めて難しい状況」に追い込まれたとはいえ、グループリーグ突破に向け、首の皮一枚残した形です。

 ポルトガル苦戦の要因はいくつかあるのでしょうが、エースであるクリスティアーノ・ロナウド選手が活躍していないことも、ひとつでしょう。「孤立している」「ボールが回ってこない」といった報道が目立ちます。

 Cロナウド選手の特徴を挙げてみましょう。
・縦に突破するドリブルの驚異的なスピードと力強さ
・強烈なミドルシュート
・全体としての圧倒的なフィジカル

 ゲームにおける典型的な得点パターンは、自陣深くからのパスを受け、フリーで前を向いてドリブルし、センターラインの後ろからでも相手ペナルティエリアまで独走で前進、20m内外の強烈なシュートを叩き込む形でしょう。
 相手チームに深いダメージを与えるゴールです。

 そうすると、Cロナウド選手は
① 長いドリブルを伴うプレーが、最も他の選手との差を活かせる
② ワントップは不向き

ということになりそうです。

 相手チームから見れば、ワントップでゴール前に居るCロナウドには2~3人のマークを付けるのは当然のこと(昨年のバロンドール受賞選手=現在世界最高の選手)ですから、さすがに僚友も、ガチガチにマークされているCロナウドにパスは出さないでしょう。
 結果として「孤立する」ことになるのは、自然なことです。

 本来は、Cロナウド選手が相手プレーヤーを複数引き付けているうちに、空いたスペースで他のプレーヤーが仕事をすれば、ポルトガルチームの得点が生まれる筈なのですが、これがなかなか上手く行っていません。

 「長いドリブルの圧倒的なスピードで勝負する」プレーヤーである、オランダのロッベン選手が、その持ち味を存分に発揮しているのと比較しても、ポルトガルチームのCロナウド選手の使い方には問題が有るのかもしれません。

 仮に、アメリカがドイツに1-2で敗れるとすれば、ポルトガルはグループリーグ突破に向けてガーナに少なくとも4点差を付けて勝たなくてはなりません。超崖っぷちにポルトガルチームは立たされているのです。

 センターライン手前からクリスティアーノ・ロナウド選手が走り出すのと同時に、ポルトガル陣内からロナウド選手の5m前にボールを落とし、Cロナウド選手が競りかけてくるガーナの選手をそのスピードで振り切って独走、フリーとなってシュートを叩き込むシーンが、少なくとも3回は必要なゲームなのではないでしょうか。

 ワントップ→左のミッドフィールダーへのCロナウド選手のポジションチェンジと、チーム全体として「とても守備的なフォーメーションからのロング・カウンター狙い」の戦術採用が必要なのではないかと思います。高い位置からのショート・カウンターでは、相手チームのセンターバックが残っているケースが多く、Cロナウド選手が「相手ディフェンダーを振り切ってフリー」という形は生まれ難いと思いますので。

 もちろん、ポルトガルチームは自陣深いところで2~3人のプレーヤーで相手ボールを奪い、Cロナウド選手の前にロングパスを送る必要があります。

 ハイリスクで無謀な戦術であることは十分に認識していますが、ターゲットがCロナウド選手だからこそ可能な戦術かもしれません。

 何より、あのドリブルと強烈なシュートが、この大会で一度も観られずに終わるというのは、とても残念なことなのです。

 6月21日に、東京・秩父宮ラグビー場で行われた日本対イタリアのゲームは、日本が26-23でイタリアを下しました。

 日本代表チームがイタリア代表チームに勝ったのは史上初めての快挙であり、これで現日本チーム=エディージャパンは、テストマッチ10連勝となりました。見事な成績です。

 このゲームの日本代表チームは、フォワードがイタリアと互角の動きを見せて安定したボールを供給し、フォワード・バックス一体となった前進が功を奏して、終始イタリアチームをリードしました。
 日本チームの突進を止めるイタリア選手の真剣な表情が、全てを物語っていました。

 シーズンオフのゲームとはいえ、欧州の強豪チームと互角以上の戦いを展開できたことは、素晴らしいと思います。

 直近の1年間で、ラグビー日本代表チームは本当に強くなりました。

 とはいえ、ワールドカップなどの国際大会におけるファイブネーションズの国々やニュージーランド、オーストラリア、南アフリカといった国々の代表チームの力・戦術は、また一味もふた味も違うものなのでしょう。

 日本チームとしては、出場権を獲得しているワールドカップ2015イングランド大会において、ガチンコ勝負の感触とノウハウを存分に吸収し、2019年日本大会に向けての一層の強化に結び付けていただきたいと思います。

プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930