FC2ブログ
HOME   »  2014年09月12日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 私は、新生日本代表チームが発足したばかりの段階で、親善試合にたとえ連敗したとしても何の問題も無く、試合内容のみがポイントだと考えていますが、9月9日に行われたベネズエラ代表とのゲーム・発足後第2戦では、新しく招集されたメンバーが素晴らしい動きを魅せて、2-2の引き分けゲームに貢献しました。

 まずは武藤選手。先日のウルグアイ戦でも良い動きを見せていましたが、このゲームでも後半6分、ボールを保持して駆け上がり、ゴール右隅に見事なシュートを叩き込みました。無駄な動きが少なく、ピッチ中央を縦に突破して行くプレーは迫力十分。初代表というのに全く臆するところが無いプレー振りは、代表向きの選手との印象です。

 廻りの選手からの良いパスを待つのではなく、「自身で局面を打開しようとする積極的な姿勢」は、例えればワールドカップ2014のハメス・ロドリゲス選手のようなプレーに観えました。

 続いて柴崎選手。後半20分を過ぎて1-1の同点。左サイドで岡崎選手がボールを保持して前進、ペナルティエリア内には本田選手らが待ち構えていましたが、その後方から全力疾走で走り上がってきた柴崎選手に、岡崎選手からパスが出て、これを綺麗にゴール左サイドネットに突き刺しました。
 長く日本代表チームの中盤を支えてきた遠藤選手の後継者候補と言われていましたが、まさにその役割期待に応えたプレーでした。

 この、チーム2点目のゴールの最大の功労者は、左サイドを一気に駆け上がった岡崎選手だと思いますが、それも「ゴールが決まっているからこそのアシスト」ということになります。岡崎選手の素晴らしいプレーに光を当てたのは、柴崎選手の見事なシュートでした。シュート時の足の面の造り方も正確で、その点も遠藤選手を彷彿とさせました。

 武藤・柴崎両選手の代表初ゴールが生まれたことは、アギーレジャパンにとって大きな収穫でしょう。
 世界ランク6位のウルグアイから29位のベネズエラへと、相手チームの力量が少し下がったことを割り引いても、この2人の活躍は秀逸でした。

 一方、守備陣はウルグアイ戦に続いて単純なミスを連発しました。これは残念なことですが、まだ新チームは動き始めたばかりであり、アギーレ監督が守備のスペシャリストであることを考え合わせれば、急速に整備されていくことが期待されます。

 ウルグアイ戦に続いてベネズエラ戦も、新生日本代表チームは将来性十分なゲームを展開してくれたと感じます。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930