FC2ブログ
HOME   »  2014年09月15日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2014年9月13日に満40歳の誕生日を迎えた旭天鵬が、9月場所初日の取組で隠岐の海を破り、白星スタートを切りました。立合いから素早く左上手を取り、そのまま押し込んで、最後は土俵に投げ付けるという、元気一杯の取り口でした。

 既に880勝以上の勝ち星を重ね、幕の内最高優勝も経験している大力士に、またひとつ「40歳以上の幕の内力士」という勲章が加わりました。

 取組後、NHKテレビでは異例(新入幕でもない平幕力士の1勝目に対して)のインタビューが行われ、「褒められると伸びるタイプなんで・・・」と笑顔一杯の表情で応えていました。明るい力士なのです。

 これで、幕の内在位通算記録も96場所に伸ばしました。史上第三位、上に居るのは魁皇と高見山だけです。
 大関だった魁皇はもちろんとして、共に優勝経験が一度ずつある高見山と旭天鵬が2位・3位というのは、いかにもという感じがします。「長くやっていれば良いことがある」という意味では無くて、「健康で丈夫な心身を持ち、稽古を怠らない力士だからこそ、優勝を掴み、長く現役を続けることが出来る」ということなのでしょう。

 相撲人気が盛り上がっています。毎場所国技館に足を運ぶ愚妻が、「チケットが取れなくて困るわ」とぼやいています。
 31度目の優勝を目指す横綱白鵬や新大関豪栄道、遠藤を始めとする若手力士の活躍が人気の源泉なのでしょうが、旭天鵬の名人芸も一因であろうと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930