FC2ブログ
HOME   »  2014年11月18日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 11月14日のキリンカップは、久しぶりに「痛快なゲーム」でした。
 
 サッカー男子日本代表チームが、ワールドカップ出場レベルのチームを相手に6点を奪って勝利したというのは何時以来であったか、思い出せませんが、ゲーム全体を通じてとても楽しく観させていただきました。

 前半9分の吉田選手の先取点が大きかったと思います。遠藤選手のコーナーキックをファーサイドに居た吉田選手が頭で押し込んだ見事なゴールでした。ワールドカップ2014ブラジル大会の、ブラジルのチアゴ・シウバ選手のゴールを彷彿とさせるもので、アギーレジャパンのセットプレーのひとつなのでしょう。
 この先制点で、チーム全体の動きがとても良くなりました。

 2点目の本田選手のゴールは、「ACミランの10番のゴール」そのものでした。高いレベルのゴールキーパーと1対1になって、これをキッチリ決めるというのは、易しいことではありません。キーパーの右下を狙って、正確なコントロールで、とても小さい振り幅から強いシュートを放つという、高クオリティなシュートでした。

 3点目の遠藤選手のシュートも、その質の高さに感動しました。本田選手の素晴らしいパスでしたが、シュートが決まらなければ、せっかくのパスも台無しなのです。遠藤選手は、これ以上無いシュートで、このパスに応えました。「ワールドカップでゴールを挙げているプレーヤーは違う」と感じさせるシュートでした。

 4点目も本田選手からの見事なラストパスからでしたが、これをダイレクトで叩き、相手ゴール右隅に打ち込んだ乾選手のシュート力も、ブンデスリーガで習得したものの大きさを十分に感じさせるものでした。
 ペナルティエリア内に複数の選手が入っていたことも含めて、日本チームの狙いが機能したゴールでしょう。

 そして、5点目の豊田選手、6点目の乾選手の2点目も、相手ゴールに向かう強い意志が感じられるものでした。

 このゲームの、アギーレジャパンの良かったところを観て行きましょう。

① スピードで勝っていたこと

 個々のプレーヤーのコンディションが良く、気迫で上回っていたことから、プレースピードで優位に立てました。イーブンボールへの働きかけの速さも含めて、近時の国際試合ではなかなか見られなかったレベルの動きの良さであったと思います

② 守備が機能していたこと

 最も良かったのは、この点でしょう。個々のプレーヤーの意識が高く、チームとしても「目指すべき守備の形」が出来ていました。明らかに新しい日本代表チームが出来上がりつつあるのです。
 「世界的な守備のスペシャリスト」としてのアギーレ監督の本領が発揮されつつあります。6点取ったことも大きいが、ワールドカップ出場メンバー7人を擁するチームを無得点に抑え込んだことが、一層素晴らしいことだと感じます。
 今のホンジュラスレベルのチームは、チーム全体の調子が悪くても、なにがしかの形で得点する力と形を保持しています。保持しているから、ワールドカップに出場できるのです。

③ 若手とベテランのバランスが良かったこと

 当然のことながら、若手だから良い、ベテランだから良い、などというこことはチーム造りの上では有り得ません。「良いチームだから良い」のです。個々のメンバーの実力を合計した数値以上の力を発揮できるチームが、良いチームということになります。

 遠藤選手が復帰したゲームにおいて、武藤選手や柴崎選手、乾選手や豊田選手が活躍するというのは、チームとして素晴らしいことでしょう。

 6-0で大勝したから楽しかったという側面は確かに有りますが、何より個々のプレーヤーがピッチ上で存分に実力を発揮してくれたことが、ファンにとってとても嬉しいゲームであったと思います。

 アギーレジャパンは、良いチームになりつつあります。来年初のアジアカップが楽しみです。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930