FC2ブログ
HOME   »  2014年11月29日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 11月30日、東京競馬場芝2400mコースで行われるJ1ジャパンカップ競走の注目馬検討です。

 ジャパンカップを形容する言葉は「豪華絢爛」でしょうか。日本馬は、牡馬・牝馬の区別なく各世代の強豪馬が挑戦する上に、海外の強豪馬も登場しますから、レースの景色自体が普段のG1とは異なります。

 加えて、レース自体も「緩みの無いペース」になることが多く、最後の直線に来るまでに相当のエネルギーを消費していますから、本当に地力の有る馬しか前に出ることが出来ないのです。そして、ゴール前はどの馬も一杯一杯です。厳しいレースなのです。

 一方で、ジャパンカップの栄誉は極めて大きなものです。国際G1レースですから大勲章ですし、種牡馬としての価値にも大きな影響を与えます。

 「日本競馬の真の国際化」を目的として1981年に創設され、今回で第34回を迎えるレースですが、近時は日本馬が8連勝中です。欧州馬にとっては、極めて固い馬場がネックとなっているのでしょう。日本馬が強くなったこともあり、「容易なことでは勝てない」との認識が海外陣営の間で一般化してしまい、凱旋門賞などの大レースで好走した馬の挑戦がめっきり減ったことも、日本馬連勝に弾みを付けています。

 さて、そうした中で今年も18頭のフルゲートとなりました。日本馬のメンバーも文字通り「豪華絢爛」なものです。
 現在の日本競馬の最強メンバーといっても良いラインアップは、観ているだけで楽しくなってしまいます。今回も、日本馬優位は動かないでしょう。

 大半が実績馬というレースですので、いきなり注目馬を挙げることにします。

 第一の注目馬は、2枠3番のジェンティルドンナ。前走のG1天皇賞(秋)は、ゴール前よもやのスピルバーグの急襲に遭って2着でしたが、3歳の強豪イスラボニータを競り落とした強さは、「敗れてなお強し」を印象付けました。

 このレースを2連覇してきていることを観ても、東京コースへの適性は折り紙つきですし、3歳時の頃のような切れ味が影を潜めた分、ゴール前の粘り強さが備わった感じですので、このメンバーでも「軸馬」として、十分に期待できます。

 第二の注目馬は、8枠16番のフェノーメノ。G1天皇賞(春)を連覇していることからスタミナ勝負はもってこい。前走の大敗は久々が響いたことと、この馬には2000mは短かったと見ます。
 
 第三の注目馬は、3枠6番のハープスター。前走G1凱旋門賞は、日本馬の中では最も良く伸びましたが、力負けの6着でした。とはいえ、ロンシャン競馬場の直線で一度は見せ場を作ったことは、日本から遠征した3歳牝馬として上々であったと思います。

 最後方直線一気のレース内容からして意外なことに、これまで凱旋門賞以外の7戦は5勝2着2回と連を外していない安定感も魅力。世界最上級の舞台でもまれ、3歳秋の本格化の時期を迎えたという形ですから、ジェンティルドンナとの一騎打ちも期待できるのではないでしょうか。

 ジャスタウェイには少し距離が長く、イスラボニータにはレース内容が厳しすぎるでしょう。スピルバーグは、前走・天皇賞(秋)の勝ち方が鮮やか過ぎて、展開がドンピシャであった印象です。スクリーンヒーローのような鋸の押し切りのような力強さから生まれる、展開に左右されない走りは難しいのではないでしょうか。
 他の出走馬の中では、「エピファネイアの一発」が少し気にはなります。

 ジャパンカップ2014では、上記の3頭に注目したいと思います。
 素晴らしいメンバーによる、「豪華絢爛」なレースが展開されることでしょう。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930