FC2ブログ
HOME   »  2015年04月22日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 4月14日、東京オリンピック2020のレスリング・フェンシング・テコンドーの競技会場が、当初予定されていた東京ビッグサイトから幕張メッセに変更されることが報じられました。

 東京ビッグサイトが大会のプレスセンターになるために、手狭になったことが理由です。

 世界中から集まった選手の皆さんに「狭いところでプレー」していただくより、控え・着替え室や練習場も含めて十分なスペースが確保できる会場を使用する方が良いのは、当然のことです。

 一方で「史上最もコンパクトな夏季オリンピック」を標榜し、東京駅から半径8キロ以内に競技会場を集約するという趣旨を逸脱してしまう、といった意見もあるようですが、何の問題も無いと考えます。

① 可能な限り既存の施設を活用し、費用が掛からないオリンピックを目指すべきであること

 財政基盤が安定している日本やアメリカ、ドイツをはじめとする欧州各国であれば、オリンピック用に様々な施設を新設するといった膨大な資金負担にも十分に応えられると思いますが、「オリンピックは自国だけが良ければ良い」というものではないでしょう。

 オリンピック大会を継続して行くには、続く大会のことも考慮しなければなりません。可能な限り既存の施設を利用し、新設は極力抑える必要があります。
 「オリンピックを開催したために国の経済が変調を来す」というのは避けなければなりません。
 実際のところ、数兆円の資金負担に耐えられる国は、とても少ないのです。

 東京オリンピック2020に向けては、「新国立競技場」が注目されています。新築に向けては大きな費用が掛かりますが、これは「老朽化に対応するもの」であって、オリンピック用の新築ではないと考えても良いと思います。

 旧の国立競技場は1964年から使い始めて50年間使い続けてきた施設なのです。コンクリート製の建造物の寿命から観ても「50年」は十分な期間だと思います。老朽化に伴う倒壊などの危険性の増大を考慮しても、そろそろ新築の時期だったのです。
一般の建造物なら、30年前後で取壊し新築されている施設は珍しくありません。

 当初、湾岸地域に新築される予定であったバスケットボール会場も埼玉スーパーアリーナに変更されました。
 日本には素晴らしい施設が沢山あるのです。

 そして幕張メッセも埼玉スーパーアリーナも、東京駅から決して遠くは無いと思います。

② オリンピック会場施設は、オリンピック後の利用・メンテナンスが肝心

 オリンピックやサッカー・ワールドカップといったスポーツのビッグイベントが開催されると、使用した施設のその後の状態が気になるところです。

 例えば「国の威信を賭けて」新施設を量産したところで、大会終了後に利用されなかったり、メンテナンスも出来ず「荒れ放題」というのでは、大変な無駄ですし、そもそもオリンピックという「人類共通の大イベントの開催地」という歴史的な意味からも不芳なことです。

 もちろん「大会後使用する」といっても、「時々使う」といった程度では無く、「商業ベースで採算ラインをクリアする」という意味でなければ、会場のメンテナンス費用は創出されません。大会後「赤字ベース」となる施設は、造るべきではないというか、オリンピック会場施設の多くが大会後赤字になってしまうような国・都市は、スポーツの普及度合い・スポーツ文化の深さという点から、オリンピック開催には不適格なのでしょう。

 例えば、旧の国立競技場も東京オリンピック1964開催後、様々な日本一・世界一を決めるスポーツイベントや様々な音楽イベントに使用されて来たからこそ、修理費用等を捻出することが出来、50年の長寿を全うすることが出来たのでしょう。

 東京オリンピック2020の会場施設についても、この原則が順守されるべきだと思います。日本そして東京は、こうしたイベント開催についても世界屈指のノウハウを保持する国・都市なのですから。

 2020年に向けて、今後も会場やその他の点の変更が続くことでしょう。
 そうした検討を行っていくうえで必要な課題は、世界最高レベルの精度・正確性を保持する施設であることを大前提(当たり前のこと)として

第一に「選手のプレーし易さ」を確保し
第二に「観客の利便性」を確保し
第三に「今後のオリンピック開催地の開催し易さ」に配慮する

 といった諸点を、十分に考慮した上での検討でなければならないでしょう。

 もちろん容易なことではないでしょうが、「東京オリンピック2020」なら、十分に対応して行ける課題であろうとも思います。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930