FC2ブログ
HOME   »  2016年01月18日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1月17日に行われた第34回皇后杯全国都道府県対抗女子駅伝大会は、愛知県チームが初優勝を飾り、2位には兵庫県チーム、3位に群馬県チームが入りました。

 今年も見所一杯のレースでしたが、特に最終第9区・10kmのアンカー同士の競り合いが見事でした。

① 愛知・鈴木亜由子選手の快走

 第8区を終えて、京都府チームが大きなリードを取りました。2番手の兵庫県チーム、3番手の群馬県チームに1分以上の大差を付けたのです。

 過去最多優勝記録を誇る京都チームが余裕を持ったレースを展開していましたので、今年のレースも京都のもの、と多くの人が考えたことでしょう。

 ところが、京都チームのアンカー・奥野有紀子選手のスピードが上がりません。コンディションが良くなかったのでしょうか、自分の走りが出来ないのです。

 そして4番手で襷を受けた愛知チーム・鈴木亜由子選手の快走が始まりました。
 前半から快調に飛ばし、後半もバテることなくスピードを維持しました。

 本当に軽やかなフォームでした。素晴らしいバネと体幹が安定した走りは、世界に通じるものでしょう。

 鈴木選手は第9区10kmを31分30秒という素晴らしいタイムで走破し、襷を受けた時の1分37秒差を逆転、愛知チームに初優勝を齎しました。

 大会史に残る大逆転劇でした。

② 優勝への競り合い

 第9区・アンカーの競り合いは見応え十分でした。
 リオデジャネイロ・オリンピックを目指す、日本トップクラスのランナーのハイレベルな闘いが展開されたのです。

 まず、京都チームを負う兵庫チームと群馬チームの争いが始まりました。3番手で襷を受けた、群馬チームの「絶対エース」西原加純選手が兵庫チームの竹地志帆選手に並びかけました。
 竹地選手も対抗し、しばらくの間並走が続きました。2人で先頭の京都チームを追い上げたのです。

 この競り合いを制したのは竹地選手でした。
 中間点5kmを過ぎた辺りから、次第に西原選手を引き離しました。そして、京都チームに襲い掛かったのです。

 ところが、後ろからもの凄いスピードで迫りくるランナーが居ました。愛知の鈴木選手でした。
 鈴木選手は竹地選手を並ぶ間も無く交わし、続いて一気に京都の奥の選手も追い抜いたのです。

 鈴木選手、竹地選手、西原選手のライバル関係は今後も続くことでしょう。リオ五輪の日本女子長距離陣の激しい出場権争いを感じさせるレースでした。

③ 東京都チームの関根花観選手の区間トップの走り

 前述までの記述を観ると、愛知・鈴木選手が区間1位という感じがしますが、実は東京・関根選手が区間トップの記録を叩き出したのです。

 13位で襷を受けた関根花観選手は、前を行く選手を次々と追い抜き、6位でゴールしました。31分18秒の激走でした。

 本当に見事な走りでした。

 区間3位であった静岡・清田真央選手の快走も含めて、日本女子長距離界の層の厚さを感じさせる最終区であったと思います。

 全国都道府県対抗女子駅伝も第34回を迎えました。
 歴史を積み重ねながら、着実にレベルアップが図られてきたと感じます。

 全国の中学生や高校生ランナーがその力を思い切り発揮できる全国レベルの場としての、この大会開催の意義は大変大きなものだと感じます。今後も我が国の女子長距離競走の発展に、貢献し続けることでしょう。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031