FC2ブログ
HOME   »  2016年01月23日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 リオデジャネイロ・オリンピック出場権を賭けた「AFC・U-23選手権大会」の準々決勝で、日本代表チームがイランチームを3-0で破り、準決勝に駒を進めました。
 
① 室屋選手の素晴らしいセンタリング

 前後半90分間を0-0で終え、延長戦に突入したゲームでしたが、延長前半6分、右サイドの室屋選手の左脚から素晴らしいラストパスが生まれました。
 ゴール前の豊川選手にドンピシャのパスでした。豊川選手もこのパスをキッチリとヘディングで決めました。

 相当長いパスでしたが、これ程高い精度のセンタリングは、なかなか観られないものでしょう。

② ゴールキーパーGK櫛引選手の活躍

 前後半90分間は、イランチームが押し気味であったと思います。体格で勝るイランチームのシュートが日本ゴールを襲い続けましたが、これをGK櫛引選手が防ぎ続けました。

 結果として、イランチームは一層厳しいコースを狙うこととなり、ゴールポストを叩くシーンも生まれたのでしょう。
 
③ 手倉森監督のマネジメント

 このゲームにおける選手交代も見事でしたが、何より、厳しいスケジュールの下で「毎試合メンバーを大幅に入れ替えながら勝ち続けるマネジメント」は高く評価されるべきでしょう。

 1月13日の緒戦・北朝鮮とのゲームから、1月22日のイランとの準々決勝まで、9日間で4試合という過密日程の中で、日本代表チームはそれぞれの試合を勝ち切りました。
 まるで、代表Aチーム・Bチーム・Cチームが存在するかのような運用です。極めて冷静かつ合理的で、加えてアグレッシブなチーム創りが出来ている印象を受けます。

 次戦の準決勝が「リオデジャネイロ行きの切符」を手に入れるための大一番です。
 このまま、チームを牽引していって欲しいものです。

 このゲームでの中島選手による2点目にも観られるように、今回のU-23代表チームは、「ミドルあるいはロングシュートで得点できる」という特質があると感じます。ミドル・ロングシュートの精度が高いのです。
 こうなると相手チームの守備フォーメーションが広がりますから、ゴール前にスペースが出来るのでしょう。

 他の世代に比べ、なかなか世界大会の舞台に立つことが出来なかったU-23世代ですが、オリンピックという大目標を前に、とても良いチームに仕上がってきました。

 1月26日の準決勝のプレーが、とても楽しみです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031