FC2ブログ
HOME   »  2016年06月01日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今季のUEFAチャンピオンズリーグ決勝は、5月28日、イタリア・ミラノのスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで行われ、レアル・マドリードがアトレティコ・マドリードを1-1同点からのPK戦5-3で破り優勝、自チームの持つ最多優勝回数記録を11に伸ばしました。

 初優勝を狙うアトレティコの粘り強い戦い振りが印象的なゲームでしたが、一方で「UEFA-CLにおけるレアルの強さ」をまざまざと感じさせました。

 前半15分、レアルのセルヒオ・ラモス選手が先制した時には、やはりレアルのものかと思いました。

 しかし、その後は一進一退の展開が続き、アトレティコにも決定的なチャンスが何回も訪れたのです。
 
 後半開始早々、アトレティコのフェルナンド・トーレス選手がペナルティーエリア内で倒されて、アトレティコがPKを獲得します。
 蹴るのはチームの得点王アントワン・グリズマン選手。
 このキックは惜しくもクロスバーに当たり、入りませんでした。
 「よもやの失敗」・・・。

 このプレーはアトレティコの各プレーヤーに大きなショックを与えたはずなのですが、アトレティコイレブンは諦めることなく攻め続けました。

 そして34分、ヤニック・カラスコ選手がついにゴールを挙げて1-1の同点としました。精力的なアトレティコの攻撃がついに実ったのです。

 延長に入ってもアトレティコは攻め続けましたが2点目を挙げることが出来ず、ゲームはPK戦に。

 アトレティコの4人目ファンフラン選手が外して万事休す。
 アトレティコ・マドリードの挑戦は幕を閉じました。

 ゲーム全体を観れば、アトレティコにも十分勝機がありましたが、レアルも決定的なチャンスを何度も創っていましたから、互角の戦いの中で「勝利の神様」がレアルに微笑んだということなのでしょう。

 レアル・マドリードは「UEFA-CLの神様」に愛されているのです。
スポンサーサイト



 1951年・昭和26年に安田賞として創設され、長い間マイル重賞として楽しまれてきた安田記念が、G1に格付けされたのは1984年の第34回競走からでした。

 この第34回、「G1」となって初めての安田記念に優勝したのがハッピープログレスでした。6歳になってからの制覇でした。

 血統面から「短・中距離」向きと判断した陣営は、ハッピープログレスを春のクラシック路線に乗せませんでした。
 八大競走(クラシック5レース、天皇賞(春)(秋)、有馬記念)を頂点としたレース体系が組まれていたこの時代に、2歳時に4戦3勝であった同馬を、クラシック路線に進ませなかったという判断は、なかなか下せるものでは無かったであろうと思います。

 この「判断」が、「G1」安田記念の初代王者を生んだのでしょう。

 1982年、4歳になったハッピープログレスは12月のCBC賞で初重賞勝ちしました。
 1983年、5歳の6月に阪急杯に勝ち、CBC賞でも2着に入って、短距離レースでの地歩を固めて行きます。

 翌1984年に、中央競馬の重賞に「グレード制」が導入されると同時に、短距離と中距離の重賞体系が整備されました。
 2400m~3200mの重賞を中心に組まれていた中央競馬の「大変革」でした。

 そして、機を一にしてハッピープログレスも1984年・6歳となって本格化したのです。3月のG3スプリンターズステークスに勝ち、4月のG2京王杯スプリングカップに優勝し、5月のG1安田記念まで3連勝を飾ったのです。
 G1に格付けされた安田記念には22頭が出走しました。初代王者の栄誉を目指して、多くの馬が挑んだのです。
 このレース2番人気だったハッピープログレスは、2着ダスゲニーに1・3/4馬身差を付けて快勝しました。3着はサンオーイ、4着に1番人気だったアサカシルバーが入っています。

 この年の12月に、G3CBC賞の2度目の制覇を最後にして、競走馬を引退しました。

 1984年に重賞を4勝したハッピープログレスでしたが、秋のG2スワンステークス、G1マイルチャンピオンシップでは3着・2着に敗れています。
 本格化したハッピープログレスを破り、この2つのレースを制したのは、あのニホンピロウイナーです。

 本ブログでも、「初代中距離王」として紹介させていただいているニホンピロウイナーですが、ハッピープログレスにとって少し不運だったのは、短中距離路線でニホンピロウイナーと同時期に走らなければならなかったという点でしょうか。

 この時代の短中距離の覇をニホンピロウイナーと争わなければならなかったのです。

 ハッピープログレスとニホンピロウイナーは、1983年~84年にかけて6度戦い、ハッピープログレスの1勝5敗でした。
 とはいえ、創設されたばかりの「短・中距離レース体系」を、ニホンピロウイナーと共に盛り上げた存在としてのハッピープログレスの功績は、いささかも色褪せるものでは無かったと思います。

 ハッピープログレス号、父フリートウイング、母シングルワン、父の父の父ナスルーラ。通算成績27戦11勝。主な勝ち鞍、安田記念、京王杯SC、阪急杯、スプリンターズステークス、CBC賞2回。

 500kg前後の堂々たる栗毛の馬体を誇る強者でした。
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930