FC2ブログ
HOME   »  2016年06月24日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 4年に一度の欧州選手権大会はグループリーグの戦いを終えて、決勝トーナメントに進出する16チームが決まりました。
 そして、決勝トーナメント1回戦・8試合の組合せも決まりました。

 グループリーグの第3戦では、いくつかのグループにおいて予想を覆す結果となり、決勝トーナメント1回戦の組合せにも大きな影響を与えました。

 決勝トーナメント1回戦の組合せを「4つの山」に分けてみましょう。
 準決勝進出の4チームを目指す「4つの山」です。

[第一の山]
・スイスVSポーランド
・クロアチアVSポルトガル

[第二の山]
・ウェールズVS北アイルランド
・ハンガリーVSベルギー

[第三の山]
・ドイツVSスロバキア
・イタリアVSスペイン

[第四の山]
・フランスVSアイルランド
・イングランドVSアイスランド

 「第一の山」と「第二の山」を勝ち上がったチームがベスト4・準決勝で戦い、「第三の山」と「第四の山」を勝ち上がったチームが準決勝で戦うこととなります。
 そして、準決勝で勝ち上がったチーム同士が決勝で激突するのです。

 この決勝トーナメント1回戦の組合せを観ると、直ぐに、「第三の山」と「第四の山」に所謂サッカー強豪国が集まっていることに気が付きます。
 イタリアとスペインが1回戦で当たりますし、もしドイツが1回戦を勝ち上がれば、ベスト8・準々決勝で、ドイツVSイタリアorスペインのカードとなります。いずれも、決勝戦でも不思議の無いカードです。

 地元フランスが1回戦を勝ち上がり、イングランドがアイスランドに勝つと、こちらではフランスVSイングランドの準々決勝となるのです。フランスはこの準々決勝を方上がると、ドイツ・イタリア・スペインのいずれかのチームと準決勝を戦う可能性が高いのです。

 開催国フランスにとっては、なるべく上に行くまで強豪国とは当たらない組合せを考えていたに違いないのですが、実際には連続して強豪国と戦う形となってしまいました。こうした「偏り?」は、グループリーグGL第3戦の結果により、齎されたことになります。

 例えばグループDでは、スペインがクロアチアに1-2で敗れ、グループ2位での通過となってしまいました。

 また、グループBではイングランドがスロバキアと0-0で引分け、ウェールズがロシアに3-0で快勝したために、グループ1位はウェールズとなりました。

 狙いとしては、「第一の山」や「第二の山」で戦いたかったであろうスペインとイングランドが、「険しい山」を登ることとなってしまったのです。
 初優勝を狙うイングランドにとっては、本当に茨の道に立ち向かう印象です。

 一方で、グループFでハンガリーと3-3で引分けてしまったポルトガルは、GLで3戦3引分と勝利を挙げることが出来ませんでしたが、「3引分・勝点3でのGL突破」という、いかにも「出場24チーム・16チームによる決勝トーナメントの大会」におけるGLらしい勝ち上がりを見せました。引分けたとはいえ、「第3戦の3得点」が大きな意味を持ったのです。
 そして、所謂サッカー強豪国が居ない「第一の山」に配されることとなりました。

 ハンガリーとのGL第3戦で2得点を挙げて気を吐いたクリスティアーノ・ロナウド選手を擁するポルトガルとしては、決勝進出に向けて、大きなチャンスが訪れたとも言えそうです。

 もちろん、所謂サッカー強豪国が少ないとはいえ、「第一の山」「第二の山」にも、今大会好調なチームが顔を揃えましたので、勝ち上がりが容易なことでは無いのは、言うまでも有りません。

 ポルトガルの決勝トーナメント初戦の相手となるクロアチアは、そのスピード溢れる動きと献身的なプレー振りから、今大会最も溌剌としたチームであると感じます。GL第3戦ではスペインを2-1で破り、グループ1位となりました。
今後も快進撃が続く可能性もが有りそうです。

 スイスVSポーランドは、今大会負けていないチーム同士の対戦ですし、B組を1位で抜けたウェールズと北アイルランドの対戦は「今大会の台風の目」を決めるカードとも言えそうです。

 また、F組を1位で抜けたハンガリーが、世界ランキング上位のベルギーを相手に、どのような戦いを見せるのかも注目されます。

 もちろん、3位グループから進出してきたスロバキアやアイルランドが、ドイツ・フランスを相手に大暴れしてくれるのも、間違いないところでしょう。

 ユーロ2016のGLでは「3戦3勝」のチームが有りませんでした。

 逆に「3戦3敗」もウクライナ1チームでした。グループCで、ドイツと共に有力視されていたウクライナが全敗だったのです。

 もちろん、GL独特の「負けない試合運び」の影響が有るのでしょうが、ヨーロッパ各国の代表チームの力の差が小さくなっていることも事実なのでしょう。

 思いもよらないチームが、ベスト4や決勝に勝ち上がる可能性も十分に有ります。

 GLと決勝トーナメントは全くプレー振りが変わることが多い大会です。

 ユーロ2016は本番を迎えました。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930