FC2ブログ
HOME   »  2016年06月27日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 第100回日本選手権陸上競技大会の2日目、小雨そぼ降る残念なコンディションの下、オリンピック出場権を賭けた厳しい戦いが続きました。 

 まずは、男子100m。

 好スタートから山縣選手が先行し、30m付近から桐生選手が加速しましたが、桐生選手は70m付近で失速してしまいました。体が浮いてしまった形。

 その合間を縫って、ケンブリッジ飛鳥選手がじりじり追い上げ、山縣選手に並びかけたところがゴールでした。
 胸ひとつというか、胸板一枚位・5cm位飛鳥選手が前に出たように観えました。

 10秒16は、小雨のコンディションの中では良いタイムですし、左隣の山縣選手のコースに寄って走っている=真っ直ぐ走っていないこと、等を勘案しても、飛鳥選手にはまだまだ伸びしろが十分に有る印象です。
 加えて、スピードのピークが「80m付近」で出ていることも驚きです。後半の減速が極めて少ないという、日本のスプリンターとしては珍しいタイプです。

 この走りで、50m付近でのトップスピードを11.5m/秒辺りまで上げることが出来れば、9秒台は確実に出せると思いますし、望ましいとされる11.7m/秒まで上げて行くことが出来れば、9秒9台の前半も夢ではありません。
 「伸び盛り」の飛鳥選手の短期間での成長が期待されます。

 また、10秒17で2着の山縣選手、10秒31で3着の桐生選手と共に、日本の男子100m陣の充実振りには、目を見張るものがあります。
 
 この布陣に、200m陣のランナーを加えて構成されるであろう400mリレーも、日本陸上「史上最強」のチームになりそうです。

 続いては、男子400m。

 ウォルシュ・ジュリアン選手の走りは見事の一語。スタート後100mから250m付近までの走りには、世界トップクラスの迫力を感じました。

 このコンディション下での45秒35というタイムも立派なものだと思います。
 普通のコンディションであれば、既に44秒台を出す力は十分に有ると思います。こちらも「伸び盛り」ですから、リオでの走りが楽しみです。

 また、45秒71で2着の加藤選手のゴール前のしっかりとした走りも印象的でした。45秒93で3着の北川選手と共に、1600mリレーでの活躍も十分に期待されます。
 このコンディションで1~3着が45秒台というのも、男子400m陣の充実振りを示しています。

 続いては、男子やり投げ。

 新井涼平選手が、84m54の大会新記録で優勝しました。「第100回」という歴史と伝統を誇る日本選手権、世界大会メダリストも名を連ねる大会において、小雨のコンディションの下で「大会新記録」を示現するというのは素晴らしいことです。

 元来、雨を気にしないタイプとはいえ、グリップや助走路が滑りやすく、槍自体にも雨が当たり失速要因ともなるのですから、新記録を出すのは至難の業の筈でした。新井選手の充実振りは本物なのでしょう。

 新井選手の大投擲は5回目の試技でした。今大会の投擲種目は、男女を問わず5回目・6回目にベスト記録を叩き出すことが多いようです。
 これまでの日本の大会では「1投目」の重要性が強調されてきましたが、相当疲労が蓄積されるであろう、競技の終盤で、その日のベスト記録を出せるようになってきたというのは、全体として力が付いてきたことの証左の様に感じられます。

 続いては、男子400mハードル。

 野沢啓佑選手が49秒14で勝ち切りました。決勝レースを観る限り、スタートからやや気負いが見られ、「脚より心が前に出てしまう」感じの走りでしたから、9台目からはバテてしまいましたけれども、それでも49秒台序盤のタイムを叩き出したのは、野沢選手の高い実力を示すものでしょう。

 48秒台で走るようになってから、それ程間が無いランナーだと思いますので、レースを走る度にタイムが伸びる時期だと感じます。リオのファイナリストを目指していただきたいものです。
 
 「第100回」大会・2日目は、小雨という残念なコンディションでしたが、各種目で素晴らしいパフォーマンスを魅せていただきました。

 日本選手権における複数の種目で「オリンピックのセミファイナル」レベルのプレーが観られるというのは、日本陸上界の充実振りを示しています。
 成長途上の選手が多いのですから、「ファイナリスト」は遠い夢では無いと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930