FC2ブログ
HOME   »  2016年08月06日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 第98回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園2016)の初戦の組合せ抽選会が8月4日に行われました。

 本ブログ恒例の「注目の10校」です。

 春の甲子園大会2016の内容・結果、それぞれの地方大会の内容・結果、夏の甲子園との相性等々から、今大会の注目稿を挙げて行きたいと思います。

 まず、地力からの分類です。今回は大相撲の「横綱」「大関」「関脇」に例えました。

[横綱級] 履正社、横浜

[大関級] 花咲徳栄、智弁学園、常葉菊川

[関脇級] 明徳義塾、嘉手納、前橋育英、東邦、関東一、作新学院、木更津総合、秀岳館、京都翔英、八王子

 横綱級の2校は、地力が高く最も優勝に近いと考えられるチームです。大関級の3校はベスト4進出の可能性が十分にある3校です。もちろん、勢いに乗れば優勝も狙えます。関脇級の10校はベスト8進出の可能性が十分ある上に、今大会の台風の目となり得るチームだと思います。

 この地力ランキングと初戦の組合せを勘案して「注目の10校」を選定します。

① 横浜
② 履正社
③ 花咲徳栄
④ 智弁学園
⑤ 常葉菊川
⑥ 前橋育英
⑦ 東邦
⑧ 作新学院
⑨ 木更津総合
⑩ 八王子

 今大会は緒戦での強豪と目されるチーム同士の対戦が、余り多くは有りません。

 抽選の結果、有力と目される高校同士がいきなりぶつかることが少ない大会となっているのです。実は、意外に珍しいことでは無いかと感じます。

 そうした中では、第5日・第3試合の「嘉手納VS前橋育英」は注目の一戦でしょう。
 「夏に強い」沖縄代表と、「出て来れば強い」前橋育英の対戦となりました。

 続いては、第6日・第4試合の「秀岳館VS常葉菊川」でしょうか。
 春の大会ベスト4チームと、「フルスイング打線」を擁する常葉菊川の激突は、目の離せない一戦となることでしょう。

 また今大会は「好投手」が多い大会でもあります。

 横浜の藤平投手、履正社の寺島投手は、今大会を代表する左右の本格派ですし、花咲徳栄の高橋投手は「3大会連続」の甲子園ですから、マウンドさばきは抜群でしょう。
 この3投手は「夏の甲子園2016のビッグ3」とも呼ばれています。

 さらに、木更津総合の早川投手、常総学院の鈴木投手、東邦の藤嶋投手、創志学園の高田投手、近江の京山投手、松山聖陵のアドゥワ誠投手、作新学院の今井投手と、文字通り「目白押し」です。
 間違いなく、夏の甲子園2016は「好投手の大会」なのです。

 一方で今大会は、大会前から騒がれる「強打者」は多くないかもしれませんが、こういう大会は「開幕後グッドプレーヤーが次々に登場する」傾向がありますので期待しましょう。

 さて、今大会は以上の10校に注目したいと思います。

 リオデジャネイロ・オリンピックと重なる大会となった第98回大会。
 球児の皆さんには、甲子園球場で思いきり暴れていただきたいものです。
スポンサーサイト



 山形大会の決勝は7月21日に行われ、延長11回の末、鶴岡東高校が10-8で山形中央高校を下して、甲子園大会への切符を手にしました。

 1-1の同点から、山形中央は5回裏に3点を挙げてリードしました。
 鶴岡東は8回表一挙5点で逆転、しかし山形中央はその裏2点を返して6-6の同点。試合は延長戦となりました。

 延長10回表、鶴岡東は2点を挙げて再びリードしましたが、その裏山形中央も2点を挙げて、再び8-8の同点となったのです。

 そして11回の表、鶴岡東は2点を奪って再びリードしました。そして、その裏の反撃を抑えて勝ったのです。
 鶴岡東にとっては「3度目のリード」でついに勝ち切った形です。
 山形中央としては、「2度の同点」の際にリードを奪えなかったことが残念です。

 両チームが、その持ち味である強打を披露しあった、見事なゲームでした。

 今大会の両チームは、まさに強打で勝ち上がって来たのです。
 鶴岡東は、ベスト16で9-0、準々決勝を9-2、準決勝を16-5で決勝に進出しました。
 山形中央は、ベスト16を8-1、準々決勝を9-4、準決勝を8-1で決勝に進出したのです。

 こういう強打のチーム同士が決勝でぶつかり、文字通りの「打ち合い」となって、延長で決着が付くというのは、とても珍しいことだと感じます。

 素晴らしいゲームを繰り広げた両チームの皆さんに、大きな拍手を送らせていただきます。
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031