FC2ブログ
HOME   »  2016年10月15日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 10月16日に、京都競馬場芝内回り2000mコースで行われる、第21回秋華賞競走G1の注目馬検討です。

 オークスを制し、トライアルのローズステークスG2でも強烈な末脚を披露して勝ったシンハライトが故障で欠場となったために、混戦の様相を呈しました。
 多くの出走馬にチャンスが生まれたのでしょう。18頭がエントリーして来ました。

 いつも言われることですが、「内回りコース」であることがポイントのひとつです。
 直線が短いので、4角を回る時に前目に位置できる馬が有利、相応に器用な脚が使えることが、勝利への条件となるのです。

 さて、注目馬です。

 第一の注目馬は、5枠10番のビッシュ。
 オークス2016の1・2着馬が不在の中にあっては、3着馬であるこの馬の力量が上位でしょう。前走の紫苑ステークスG3も圧勝しました。大事に使われている印象ですから、出て来る以上は仕上がっていると観ます。軸馬はビッシュにしたいと思います。

 第二の注目馬は、5枠9番のクロコスミア。
 ローズステークスではゴール直前でシンハライトに差し切られましたが、ゴール前の粘り強い走りが印象的でした。ステイゴールド産駒として、秋に本格化したと見ます。直線が短い本番では、さらにその実力を発揮してくれることでしょう。

 第三の注目馬は、1枠2番のジュエラー。
 第三の注目馬は迷いました。上り馬にも良さそうな馬が数多く居るからです。とはいえ、やはり桜花賞馬を外すわけにはいかないのでしょう。
 前走ローズSはかかり気味の走りで、4角では先頭争い、直線で失速しました。デムーロ騎手としては残念な騎乗となりました。
 休み明けひと叩きしての秋華賞で、あの器用な脚を魅せていただきたいものです。

 今回は、以上の3頭に注目します。

 大接戦となるであろうゴール前で、グイッと抜け出すのは、どの馬なのでしょうか。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031