FC2ブログ
HOME   »  2016年10月18日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 10月13日~16日に狭山ゴルフクラブを舞台に行われた、日本オープン2016は松山英樹選手が圧勝しました。

 2位に3打差の5アンダーパーという成績でしたが、「3打差」以上の大きな差を感じたのは、私だけではないでしょう。

 最終日、池田勇太選手を始めとするコンペティター達が必死に追い縋るものの、結局松山選手の陰を踏むことも出来ませんでした。

 このトーナメント、我が国最高の大会で、松山選手は「勝つ為のマネジメント」に徹していたように観えました。アメリカのマスコミ風に言えば「トーナメントを支配」していたということになるのでしょう。

 勝つ為のプレーの進め方は、ホールアウト後のインタビューで「アメリカでのプレーが役に立った」の述べた通り、PGAツアーでの経験が物を言ったのでしょう。

 この大会の松山英樹選手の表情は、終始穏やかでした。
 表彰式の笑顔も、穏やかなものであったと感じます。

 この余裕は、世界のトップランカーの身に付いているものなのでしょう。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031