FC2ブログ
HOME   »  2016年10月21日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 WOWOWのこの番組を観ていて、涙が止まりませんでした。

 クライフ氏が亡くなったのは2016年3月24日でした。
 その直後に行われたリーガ・エスパニョーラの試合は、FCバルセロナ対レアル・マドリードの所謂「エル・クラシコ」だったのです。それもバルセロナのホーム・カンプノウでのゲームでした。
 巡り会わせと言うのは不思議なものです。

 このゲームは「ヨハン・クライフの追悼試合」となりました。

 メッシ選手やスアレス選手を始めとするプレーヤーはもちろんとして、カンプノウに詰めかけた9万人の大観衆も、クライフ氏の死を悼んだのです。

 スタンドには大きく「グラシアス ヨハン(ありがとう ヨハン)」の文字が浮かび上がりました。
 そして、プレーヤーやサッカー関係者が「グラシアス ヨハン」という言葉を述べる映像が流れ続けます。

 現在のサッカーを創り出してくれたヨハン・クライフに対しては、ありとあらゆる賛辞が必要ですが、一方で、私達の最後の心の声は「ありがとう ヨハン・クライフ」なのでしょう。

 私は、時々この番組の録画を観ます。

 何度観ても、最後は涙してしまうのです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031