FC2ブログ
HOME   »  2016年10月29日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 10月30日、東京競馬場芝2000mコースで行われる、第154回天皇賞(秋)競走G1の注目馬検討です。

 良いメンバーが揃いました。

 昨年の覇者にしてG1・2勝のラブリーデイ、海外2走も含めてG1・4勝のモーリス、13戦10勝・海外G1・2勝のエイシンヒカリ、皐月賞を含めて国内G1・3勝のロゴタイプ、海外G1・1勝を含め重賞2勝のリアルスティール、G2を含めて重賞6勝のクラレント、G2を含めて重賞3勝のルージュバック・アンビシャス・サトノクラウン・ヤマカツエース、G2を2勝しているアドマイアデウス、等々、出走馬の競走実績には素晴らしいものがあります。
 近時の日本競馬の中距離層の充実を示しているレースとも言えそうです。

 従って、多くの馬に優勝のチャンスがあるレースなのですが、近時の走りっぷりを見ると、少し絞り込めそうです。

第一の注目馬は、1枠1番のエイシンヒカリ。
「鉄砲」がきくというか、休み明けに強い馬です。海外で2000m・1800mのG1に勝っていますから、距離の心配もありません。逃げ馬ですので、行き過ぎの心配はあるのですが、何より「前走から1か月以上空いて走ればめっぽう強い」ところを評価したいと思います。
 連戦ではストレスが溜まるタイプなのかもしれません。

第二の注目馬は、5枠9番のルージュバック。
54㎏から56㎏への斤量増加は気にはなりますが、本格化と見ます。東京コースに強いので、ここでも良い勝負を魅せてくれるでしょう。

第三の注目馬は、5枠8番モーリス。
近時の重賞7連戦で5勝・2着2回と、抜群の安定感を誇ります。この中には、香港でのG1・2勝が含まれていますから、マイル戦ならこの馬ということになります。後は、東京の2000mへの適性ということになります。
 少し長いかなという感じがしますが、ここはスクリーンヒーローの「秋の強さ」と相殺したいと思います。

 今回は、以上の3頭に注目します。

 レースの骨格となる「エイシンヒカリの逃げ」が、とても楽しみです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031