FC2ブログ
HOME   »  2017年02月18日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2月19日、東京競馬場ダート1600mコースで開催される、第34回フェブラリーステークスG1の注目馬検討です。

 2017年のG1レース緒戦です。

 今年のG1を占う1戦ですが、まさに「大混戦」という様相です。
 世代交代が進んでいるダート界ですが、「覇者」と呼べる馬が出現しておらず、重賞レース毎に勝ち馬が異なる時期が続いているのです。
 そこに平場の有力馬デニムアンドルビーが参戦して来ましたから、混戦の度合いは一層深まりました。

 さて、注目馬の検討です。

 第一の注目馬は、1枠1番のサウンドトゥルー。
 G1チャンピオンズステークス2016の勝ち馬であり、このところG1を4戦して全て3着以内という安定感が光ります。東京コースは久し振りですが、力の要る馬場で実力を発揮してくれることでしょう。

 第二の注目馬は、5枠10番のカフジテイク。
 前走の根岸ステークスG3の勝ち馬です。今最も調子が良い馬でしょう。このレースも勝つようなら、今後のダート界の中心馬になってくれるかもしれません。

 第三の注目馬は、4枠8番のデニムアンドルビー。
 2013年のジャパンカップでジェンティルドンナの2着、2015年の宝塚記念でラブリーデイの2着と、なかなか優勝は出来ないものの、平場G1で牡馬を相手に互角の戦いを演じて来た彼女も、7歳になってダートに挑戦することとなりました。
 ダートへの適性は未知数ですけれども、ここはひとつ応援してみようと思います。

 今回は、以上の3頭に注目したいと思います。

 G1を8勝している大豪コパノリッキーに、かつての力強さが感じられなくなっている現在、今後のダート界を占うレースとなります。最若手の4歳馬2頭の活躍にも期待したいところです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728