FC2ブログ
HOME   »  2017年02月24日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2017年シーズンのスプリングトレーニングにおいて、イチロー選手が怪我をしたというニュースが、2月22日に流れました。

 43歳のイチロー選手にとって、怪我・故障は絶対に回避したいところですので、ニュースに見入りました。

 事は外野フライをキャッチする練習で、センターを守っていたイチロー選手と、ライトを守っていたバーンズ選手が、同時に捕球体勢に入り、両選手とも声掛けをしたものの、両選手とも聞こえず、接触してしまったというもの。

 マーリンズ球団の公式ホームページによれば、この接触は「衝突」ではなく「かすめる程度」のものであったそうです。
 イチロー選手は、歩きにくそうにクラブハウスに入っていったと続きます。
 そして、現時点では、開幕出場に影響が出るほどの怪我ではないと結んでいます。

 怪我の程度が軽そうであることにホッとしますが、話はここから盛り上がるのです。
 イチロー選手ならではの「盛り上がり」といって良いでしょう。

 イチロー選手が「何人かの選手がトレーナー室に入ってきて、僕と一緒に写真を撮った。なぜなら、彼らは僕をトレーナー室で見かけたことが無いから」とコメントしたとも報じられています。
 「イチロー選手がトレーナー室に居ること自体が事件というかビッグニュース」なのです。

 トレーナー室でイチロー選手の患部を診察することに使われた、医療用の手袋が捨てられずに保存されていること、そして、治療に使用されたスチームが出る機器も別に保管されて二度と使われることは無い、とも伝えられています。

 「これらは全てクーパーズタウン(ベースボール殿堂博物館)行き」とも書かれています。

 「怪我さえ伝説になる」イチロー選手の存在感は、さすがという他はありません。

 後は、イチロー選手の怪我が、本当に軽傷であることを祈るばかりです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728