FC2ブログ
HOME   »  2017年03月10日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[3月7日・B組・東京ドーム]
日本11-6キューバ

[3月8日・B組・東京ドーム]
日本4-1オーストラリア

 ワールド・ベースボール・クラシック大会2017の1次ラウンドが幕を開けました。

 そして、我らが「侍ジャパン」は2戦2勝と、素晴らしいスタートを切ったのです。

 緒戦のキューバ戦は、キューバチームというネームバリューもあって、とても盛り上がりました。
 日本代表チームの関係者はもちろんとして、日本中の野球ファンが見つめた試合となったのです。

 この試合、日本チームは5回までに7-1とリードしました。
 大会前の「貧打」とは打って変わって、打線が好調なプレーを続けたのです。
 このまま圧勝かに見えた7回、キューバチームはデスパイエ選手、アービレイス選手のホームランとタイムリーヒットで3点を奪い、試合は打ち合いの様相を呈しました。
 しかし、「侍ジャパン」は動じることなく、打ち勝ったのです。4安打を放った松田選手や、追い上げられた7回に2ランホームランを放った筒香選手などなど、14安打11点の猛攻でした。

 こうした大きな大会の緒戦で、打線に火が付くというのは、とても良い滑り出しだと感じました。

 第2戦は、一転、投手戦となりました。
 やはり野球・ベースボールは、良い投手が投げると、そうそう点は取れません。
 オーストラリアのアサートン投手、日本の菅野投手、両投手の好投が目立ちました。

 前夜、好調な打撃を展開した「侍」でしたが、この日はフライを上げることが多く、アサートン投手の術中に嵌っているという印象。
 6回まで1-1と、緊張感満点の試合となりました。

 この均衡を破ったのが中田選手でした。7回の先頭打者として初球をレフトスタンドに運びました。少しタイミングを外されていた感じでしたが、ものともせずに「巻き込んで運ぶ」ところは、いかにも中田選手らしいところで、「侍」の中軸打者として、長距離砲としての役割をしっかりと果した仕事でした。

 そして8回には、筒香選手が2ランホームラン。
 これは、内角低めの難しい投球を、右ひじを折り曲げながら捉え、ライトポールの内側へ運ぶという、「パワーと技術」の両面が備わっていなければ、到底実現できない、とても高度なバッティングでした。

 ファウルにならないようにバットの面を作ることはできても、パワーが無ければ、あそこまでは飛ばせない、本当に見事なスイングであったと思います。

 主砲2選手のホームランが目立ったとはいえ、第2戦は投手陣の踏ん張りがポイントとなった試合でした。菅野投手、岡田投手、千賀投手、宮西投手、牧田投手と繋いだリレーは、安定感十分であったと思います。
 特に千賀投手は、最速155kmのストレートと多彩な変化球を織り交ぜ、オーストラリア打線に付け入る隙を与えませんでした。

 2戦2勝とした「侍ジャパン」は、3月9日の試合結果を経て2次ラウンド進出を決めました。
 第1戦は打線、第2戦は投手陣、が主役となった試合運びも、チームとしてのバランスの良さを示しています。

 大会前の練習試合で「打てず守れず」といった様相を呈し、とても心配されていた今大会の代表チームですが、大会が始まってみれば、投打共に「強さを存分に魅せて」います。
 いくつかのミスがありながらの、この強さは、「WBC2017の侍ジャパン」の実力を示しているのでしょう。

 「3度目の優勝」に向かって、伸び伸びと戦っていただきたいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031