FC2ブログ
HOME   »  2017年03月27日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2017年のドバイミーティング(ドバイ・ワールドカップデー)は、3月25日、アラブ首長国連合のドバイ・メイダン競馬場で開催され、ドバイワールドカップ他のレースが行われました。

 今年も日本から多くの馬が、多くのレースに出走しました。
 このところ、世界各国のG1レースにおいて、日本馬の健闘が目立ちますが、2017年のドバイミーティングにおいても、ドバイターフG1(1800m)においてヴィブロスが優勝しました。

 2016年の秋華賞馬であるヴィブロス(4歳牝馬)が、2つ目のG1制覇に輝いたレースでしたが、そのレース内容も強烈でした。

 スタートから馬群の後方・後ろから3番手に控えたヴィブロスでした。4角を回って最後の直線に出た所でも、後方でした。
 ここからヴィブロスの追い上げが始まったのです。

 ぐんぐんと加速し、残り100mでは3番手まで上がりました。
 そしてゴール3~40m手前で、やはり追い上げて先頭に立っていたエシェム(牡4歳、アイルランド)を一気に交わしました。
 素晴らしい末脚でした。

 57㎏と55kgの2㎏の斤量差が有るとはいえ、国際G1レースにおいて、4歳牝馬が4歳牡馬を差し切っての勝利というのは、見事という他はありません。

 近年は、牝馬が牡馬を抑えて、世界的なレースで活躍する傾向が有りますが、ヴィブロスの今後の活躍が、とても期待されます。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031