FC2ブログ
HOME   »  2017年03月31日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[3月28日・埼玉スタジアム]
日本4-0タイ

 日本代表チームは、大事な試合をきっちりと勝ち切りました。
 得失点差も大きく改善する、狙い通りの勝利でした。

 ドリブルを主体としたタイ代表チームの攻撃に、再三ゴールを脅かされましたが、ゴールキーパーGK川島選手やディフェンダーDF森重選手を始めとする「全員守備」が機能して、タイチームを零封したのが、最大の成果かもしれません。

 こうしたゲームにおいて、その存在感を再び明確にしたのが、フォワードFWの岡崎選手でしょう。

 前半8分の香川選手の素晴らしい先制点の後、少し停滞気味であったハリルジャパンに「喝」を入れるような一撃でした。

 久保選手のセンタリングを、相手ゴール右サイドで合わせたヘディングシュートは、その威力・コース共にワールドクラスでした。
 何より、相手チームのDFと競り合い、ほとんど体を合わせてボールに向かっていく状況で、20cm程先にボールにコンタクトし、強烈なシュートを、ここしかないという位置に叩き込むプレーは、まさに岡崎慎司の真骨頂でしょう。

 FW大迫選手の怪我により、先発起用されたとも見られていますが、持ち味の違う2人のプレーヤーが居るというのは、頼もしい限りです。

 岡崎選手は、その後も精力的に動き回り、守備面でも再三タイチームの攻撃の芽を摘むプレーを魅せてくれました。

 いつも書くことで恐縮ですが、現在の日本代表チームにおいて、ワールドカップで得点したことがあるのは、本田選手と岡崎選手の2人だけです。
 この2人のプレーヤーが、現在の代表チームで「最も大試合に強いプレーヤー」であることは、間違いが無いところでしょうし、相当に年齢を重ねた現在においても、大事な代表戦でゴールを挙げるのですから、「ハリルジャパン最多得点」の本田選手と共に、代表チームに欠かせない選手であることを、改めて示してくれた大活躍でした。

 日本代表チームを、過去10年間余に渡って支えてくれた本田選手と岡崎選手にとっても、2018年のロシア大会が、最後のワールドカップとなる可能性が高いと思います。

 ハリルジャパンには、是か非でも出場権を確保していただきたいものですし、「確保」に向けて、このタイ戦の勝利は、とても大きなものであったと感じます。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031