FC2ブログ
HOME   »  2017年10月24日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2017年のワールドシリーズWSは、ロサンゼルス・ドジャーズ(ナショナルリーグNL)とヒューストン・アストロズ(アメリカンリーグAL)の対戦となりました。

 共に、レギュラーシーズンで一時期、驚異的な強さを示したチーム同士の争いとなったのです。
 ある意味では、順当な組合せと言って良いのでしょう。

 そして、レギュラーシーズン途中で、それぞれのチームの「ワールドシリーズ制覇」に向けて、トレードで移籍してきた、バーランダー投手とダルビッシュ投手にとっても、「本番」がやって来た形でしょう。

 サイ・ヤング賞を始めとする、MLBにおいて投手に与えられる栄誉のほとんどを手にしてきたバーランダー投手にとっては、残る栄冠は「ワールドシリーズのチャンピオンズリング」のみとなっていましたから、今季WS進出の可能性が高いアストロズへの移籍は、望むところであった筈です。
 そして、見事にその夢を実現しました。

 日本からMLBに挑戦し、数々の活躍を魅せてきたダルビッシュ投手にとっても、WSの舞台は「憧れの場所」であり、一度は立ってみたいところであったことでしょう。
 こちらもポストシーズンで見事な投球を披露して、その場に辿り着いたのです。

 ドジャーズにはカーショー投手、アストロズにはカイクル投手という「絶対的なエース」が存在しますから、バーランダー投手とダルビッシュ投手は「絶対的な2番手」ということになります。
 そして、両チームの2人の投手は、チームの「世界一」に向けて、とても大きな責任を負っているのです。

 見所満載の今シリーズですが、「優勝請負人」としてのバーランダー投手とダルビッシュ投手の比較も、見逃せないポイントなのです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031