FC2ブログ
HOME   »  2018年03月15日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 村岡選手の勢いが止まりません。
 加速している感じです。

 3月14日に行われた、アルペンスキー女子大回転(座位)で金メダルを獲得しました。
 今大会日本チーム最初の金メダルであり、村岡選手自身にとって「今大会4個目のメダル」でもあります。
 1本目でトップに立ち、2本目はタイム差を意識して「大切に滑った形」で2位となって、金メダルに輝いたのです。

 21歳の村岡桃佳選手(早稲田大学)には、大会前からメダル獲得への期待が有りました。
 とはいえ、「4個」のメダルを獲得すると予想していた人は少ないでしょう。

 まずは3月10日、滑降(座位)で銀メダルに輝きました。これは今大会日本選手団最初のメダルでした。

 続いて3月11日、スーパー大回転(座位)で銅メダルを獲得しました。

 さらに3月13日、スーパー複合(座位)で銅メダルをゲット。

 そして、大回転で金メダルという流れです。

 毎日のようにレースに出場し、毎日のように表彰台に上がるというのは、凄いを通り越して、「何が起きているの?」という感じさえします。

 心身ともに「絶好調」であることを証明しています。
 もともと得意では無かったスーパー複合でも銅メダルに輝き、4種目目の大回転で最高成績の金メダルというのですから、「疲れる」どころか、日に日に調子を上げている印象なのです。素晴らしいの一語でしょう。

 さて、大会最終日3月18日には5種目目の回転が待っています。

 スピード系の村岡選手にとっては、得意種目とは言えないのでしょうが、今大会初めての「休養期間」を経て、またミラクルを魅せていただけるかもしれません。

 村岡選手は、開会式における日本選手団の旗手でもありました。
日本選手団にとって、平昌パラリンピックは「村岡選手の大会」になったと言って良さそうです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031