FC2ブログ
HOME   »  2018年03月25日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 NFLは今オフシーズンですが、2018年~19年シーズンに向けて、各チームの強化に向けての補強、選手のチーム間の移籍が続いています。
 今回は、サンフランシスコ49resのクオーターバックQBがテーマです。

 2017~18年シーズンでは、なかなかフランチャイズQBが決まらず、中盤までの戦績も散々だった49ersですが、ようやく正QBを固めたと、少し前に報じられました。

 ジミー・ガロポロ選手と5年/1億3750万ドル(約149億7000万円)で契約を結んだのです。

 49resが、少なくとも今後5年間の正QBを決めたということは、NFLの中でも人気の高いチームですので、それ自体が大きなニュースですが、今回は「史上最高額年俸」というおまけがつきました。(報道された時点)

 ガロポロ選手の契約金額は年俸ベースでは2750万ドル(約29億9000万円)となり、これまでNFL最高だったマシュー・スタフォード選手の2700万ドルを超えたのです。

 2014年ドラフト全体62位のプレーヤーに対しての高額年俸提供については、いろいろな見方が有るのでしょうが、49ersのガロポロ選手に対する評価の高さを物語っていることは間違いありません。

 2017~18年のレギュラーシーズンで11試合を終えて1勝10敗という散々の成績だったチームが、ガロポロ選手をQBに据えてからは5連勝だったのです。これが4勝1敗では無く5連勝だったところが、大評価の礎なのでしょう。
 ペイトリオッツから49resに移籍し、NFLにおける自らの立ち位置を探し続けていたガロポロ選手にとっても、「人生を変える」ような大活躍でした。

 それにしても、ドラフト全体190位台でQBトム・ブレイディ選手を採ったペイトリオッツが、その後継者としてドラフト全体62位でガロポロ選手を採ったというのは、いかにもペイトリオッツらしい感じがしました。
 そのガロポロ選手に、2016~17年シーズンにチャンスが来たのです。
 開幕4試合のブレイディ選手の「出場停止処分」でした。

 この4試合で活躍すれば、ガロポロ選手がブレイディ選手に代わって、ペイトリオッツの正QBになる可能性、少なくとも後継者としての位置づけを確立する可能性があったのでしょう。
 まさに、21世紀早々にブレイディ選手が正QBのポストを奪った時と、似た状況でした。(怪我と出場停止の違いはありますが)

 しかし、ガロポロ選手はこのチャンスを活かすことが出来ませんでした。
 シーズン第2戦の第2クオーターQに肩を負傷してしまい降板、第3戦、第4戦には出場できなかったのです。ガロポロ選手にとっては、痛恨であったことでしょう。

 そのガロポロ選手に再びチャンスというよりは、NFLに「ガロポロの名を知らしめる」好機が訪れました。

 名門49resの復活と共に、QBジミー・ガロポロ選手の活躍に注目です。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031