FC2ブログ
HOME   »  2018年10月09日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 昨2017年シーズン終了後、マイアミ・マーリンズは大幅なチームの改革を実施しました。
 元ヤンキースのデレク・ジータ氏を始めとするチーム首脳陣が、「年俸の高い中心選手達」を放出し、若手主体のチーム作りに取り掛かったのです。

 ジャンカルロ・スタントン選手、クリスチャン・イエリッチ選手、ディー・ゴードン選手らが放出されました。

 マーリンズの屋台骨を支えていた、これらのプレーヤー達の2018年シーズンを観て行きましょう。

 まずはイエリッチ選手。
 ミルウォーキー・ブリュワーズに移籍し、ナショナルリーグNLの首位打者に輝きました。
 打率.326、187安打、36本塁打、22盗塁、OPS1.000という、見事な活躍です。
 打って、走って、守れるという、万能型プレーヤーとして、リーグ最高水準の成績を残したのです。
 イエリッチ選手について観れば、「移籍が才能を開花させた」と言って良いでしょう。

 続いてはスタントン選手。
 売り物のホームランは38本とまずまずでしたが、打率は.266とやや低く、OPSも.852と不本意なものでした。
 ニューヨーク・ヤンキースに移籍して、ややヤンキースの毒気?に当てられたというところでしょうか。

 続いてはゴードン選手。
 シアトル・マリナーズに移籍しましたが、売り物の盗塁こそ30個とまずまずでしたが、打率は.268と不本意なものでした。力を発揮できていないと見るのが妥当でしょうか。

 イエリッチ選手とスタントン選手は、チームがポストシーズンに進出し、両名とも中心選手として頑張っています。
 大袈裟に言えば「解体された」マーリンズの中心プレーヤー達は、さすがに何処に行っても「隠れ無き実力」を示しているのです。

 一方で「大改革」を目指したマーリンズの方は、63勝98敗・勝率.391という散々な成績、MLB全体で見ればボルチモア・オリオールズに次ぐ低い勝率で2018年レギュラーシーズンを終えました。

 「再建途上」ということはあるのかもしれませんが、マーリンズファンから「何も楽しむものが無いチーム」という声が出てきている怖れはあります。

 当然のことながら、プロスポーツは、もちろん勝った方が良いのですが、「勝てば良いというものでは無い」のです。
 例えば、贔屓のプレーヤーが活躍すれば、試合は負けても満足できることも有るのですから・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031