FC2ブログ
HOME   »  2018年10月11日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[アメリカンリーグAL地区シリーズ]
ヒューストン・アストロズ<3勝0敗>クリーブランド・インディアンズ

[ナショナルリーグNL地区シリーズ]
ミルウォーキー・ブリュワーズ<3勝0敗>コロラド・ロッキーズ

[NL地区シリーズ]
ロサンゼルス・ドジャース<3勝1敗>アトランタ・ブレーブス

 2018年シーズンの地区シリーズは、早々に3カードの決着が付きました。

 アストロズVSインディアンズは、3ゲームとも接戦となりましたが、「最後はアストロズが押し切った」印象ですので、アストロズの方が地力が上、特に「先発投手陣の安定感」で上回ったというところでしょうか。

 ブリュワーズVSロッキーズも、3ゲームとも接戦でしたが、3ゲームとも先制したブリュワーズが終始ゲームを優位に進め、終盤の得点で勝ち切ったという形。ロッキーズにとっては、初戦のサヨナラ負けが悔やまれるところでしょう。

 ドジャースVSブレーブスは「互角」と見られていましたが、初戦・第2戦のドジャース先発投手の好投が光りました。2試合連続完封勝ちと言うのは、ポストシーズン地区シリーズではなかなか観られないものでしょう。先に王手をかけられてしまい、ブレーブスとしては一矢を報いるのがやっとでした。

 いずれも、レギュラーシーズンの成績上位のチームが勝ち上がったのです。

 これら6チームのレギュラーシーズンの勝ち数を見ると
・アストロズ103勝-インディアンズ91勝
・ブリュワーズ96勝-ロッキーズ91勝
・ドジャース92勝-ブレーブス90勝

 となっていますから、他地区チームやインターリーグのゲームを踏まえたレギュラーシーズンの成績通りの結果になっている形で、今季は「番狂わせ」が少ないことが分かります。

 残る地区、ALのもうひとつのカードが最期になりました。
ボストン・レッドソックス<3勝1敗>ニューヨーク・ヤンキース

 レギュラーシーズンの勝ち星でも、レッドソックス108勝VSヤンキース100勝となっていますから、こちらもレギュラーシーズン成績上位が勝つという結果となりました。
 ヤンキースは第2戦で意地を見せましたけれども、第3戦の大敗で勢いを失ったのでしょう。

 2018年のMLBポストシーズンは、NLワイルドカードにおいて、ロッキーズ(レギュラーシーズン91勝)がシカゴ・カブス(同95勝)を破った以外は、レギュラーシーズンの勝ち数比較通りの結果となったのです。
 
 さて、ポストシーズン2018は、いよいよAL・NLのリーグチャンピオンシップに突入します。

 このままの傾向が続くとすれば、ALはレッドソックスが、NLはブリュワーズが有利と言うことになりますが、それでは「ポストシーズンゲームの意味が無い」という、極端なご意見も出てきそうです。

 アストロズとドジャースの健闘が期待されますし、両チームにはリーグチャンピオンに輝く実力が十分に有ると感じます。
 
スポンサーサイト
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031