FC2ブログ
HOME   »  2018年12月12日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 12月9日にかけて、カナダのバンクーバーで開催された、グランプリファイナル大会の男子の結果は、以下の通り。

1位 ネイサン・チェン選手(アメリカ) 総合得点282.42(SP92.99、FS189.43)
2位 宇野昌磨選手 総合得点275.10(SP91.67、FS183.43)
3位 チャ・ジュンファン(韓国) 総合得点263.49(SP89.07、FS174.42)

 今大会を通じて、宇野選手はコンディションが悪いと感じました。

 体の動きに本来のキレがありませんでした。持ち味の「俊敏性」に欠けていたのです。
 この「感じ」は、平昌オリンピックの時から存在していて、やや悪化していると思います。
 2018年の宇野選手は、2017年に比べて「キレ」が不足していたのでしょう。

 このことを最も明確に感じるのは、「4回転ジャンプの着地時」の動きです。

 2017年の宇野選手は、着地後相当のスピードで「2~3mほど移動」し、「完成度の高い美しい」ジャンプを魅せてくれていたのですが、2018年はそのスムースさに欠けました。見方によっては「何とか回っている」感じ。
 踏み切り、空中での4回転、着地準備、着地の全ての要素において、「ほんの僅かスピードが足りない」ことが、ジャンプ全体の動きをギクシャクしたものに見せてしまったという印象です。

 シニアデビュー以降の連戦に伴う「心身の疲労の蓄積」やどこかに軽度の故障が有る、ことなどの要因が考えられますが、いずれにしても、オリンピック銀メダリストとして「初の世界一」を目指した宇野選手にとって、今大会はとても残念な結果でした。

 本来の「キレ」があれば、十二分に優勝を狙えたと思います。
厳しいスケジュールの合間を縫っての「回復に向けた取り組み」が待たれるところです。

 ネイサン・チェン選手は、「高い基礎点」をベースにした、「らしい演技」で高得点を示現して、連覇を果たしました。世界トップクラスの力を示したのです。
 
 本ブログでは、今大会は宇野選手とチェン選手の優勝争い、それも「総合280点」を巡っての戦いと見ていましたが、概ね予想通りの結果となりました。

 現在、「最強の2プレーヤー」を擁するフィギュアの男子シングル日本チームとしては、羽生選手、宇野選手が頑張っている間に、次の世代、現在13歳~15歳の世代の中から、将来の日本男子を背負って行くプレーヤーを見出し育成していかなければならないと、改めて感じさせる大会となりました。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031