FC2ブログ
HOME   »  2019年05月18日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[5月16日・横浜スタジアム]
中日ドラゴンズ3-2DeNAベイスターズ

 横浜DeNAベイスターズのロペス選手が大記録を樹立しました。
 このゲームの7回2死からのロメロ選手の2塁ゴロを中井選手が捌いて一塁に送球したボールをしっかりと捕球したことで、大記録が達成されたのです。

 大打者が「打撃に影響が少ない守備位置?」として1塁手を務めていた時代ならいざしらず、21世紀の野球においては、全体の守備フォーメーションに1塁手もしっかりと組み込まれていますから、守備プレー自体の高度化が進み、難しいプレーがどんどん増えているのでしょう。そうした状況下、「1,517守備機会」もノーエラーというのは信じられないことです。

 ロペス選手の前に「1,516」の日本プロ野球記録を保持していたのは、安打製造機と呼ばれた名選手・榎本喜八でした。榎本喜八選手は、1967年から68年にかけて、この記録を樹立したのです。
 ロペス選手の記録更新は「51年振り」ということになります。
 半世紀を経ての新記録は、まさに「快挙」でしょう。

 ロペス選手は2017年8月31日の中日戦でのエラーを最後に無失策プレーを継続し、2018年シーズンは946守備機会をノーエラーでクリア(シーズン守備率10割という、これも凄い記録です)、そして2019年5月16日の新記録達成に結びつけたのです。

 当たり前のことですが、ロペス選手は守備の名手です。
 2013年(読売ジャイアンツ時代)にNPBゴールデングラブ賞を初受賞し、2016年~18年は3シーズン連続でゴールデングラブ賞に輝いています。「名手」と呼ぶに相応しい実績でしょう。

 今回の記録達成についてロペス選手は、「達成が近付いていることは知っていたが、あといくつという細かいことは知らなかったことが良かった」とコメントしています。
 確かに、「この打球を処理すれば新記録」「この送球を捕球すれば新記録」などと意識してしまっては、いつものプレーは出来ないかもしれません。

 また、使っているファーストミットについても報じられています。
 MLB時代にはセカンドを守っていたロペス選手が、NPBのジャイアンツに来てファーストを守るように指示された時、当然に「ファーストミット」の話になりました。そして、ジャイアンツの古城茂幸選手から譲り受けたのだそうです。

 その「古城ミット」がとてもしっくりきて、毎季修理を重ね6年目、現在でもそのミットを使っているのだそうです。
 ロペス選手の大記録は、「古城ミット」の力もあって達成されたことは明らかでしょう。
 名人の道具というのは、得てして意外な形で齎されるものなのです。。

 さて、「守備の名手」ロペス選手が次に目指す記録は、ジャイアンツの阿部慎之介選手が捕手として保持している「1,709守備機会」無失策記録、これが全ポジションを通じての、日本プロ野球最高記録なのですが、あと200機会弱で到達することになります。
 ロペス選手に欠場が無ければ、新記録達成は今シーズン中ということになるでしょう。
 もちろん、今回の新記録で、これまで以上に注目されることになるでしょうから、達成困難度合いは一層上がります。

 NPB2019年シーズンの楽しみがひとつ増えました。
スポンサーサイト



 5月19日、東京競馬場芝2,400mコースで開催される、第80回優駿牝馬競走(オークス)G1の注目馬検討です。

 今年も「3歳牝馬NO.1」の座を目指して18頭が出走してきました。
 フルゲートです。

 今年は桜花賞の2、3、4着馬が出走していますので、本来ならばこの3頭を中心としたレースが展開されると観るのが自然なのですが、その後のレースで出走権を得た馬との比較から「混戦」との見方が多いと思います。
 ある意味では不思議なことですが、それだけ桜花賞のダノンアレグリアの勝ち方の印象が強かったということでしょうか。

 前哨戦の中では、やはりフローラステークスG2の結果を重視すべきなのでしょう。3歳春の時期、2,000m重賞は、「誰にも分からない」とも言われる2,400mへの適性を観る上で、大切な参考資料となるからです。

 さて、注目馬です。

 第1の注目馬は、6枠12番のウィクトーリア。
 前走フローラステークスは競り合いを制して優勝しました。ヴィクトワールピサ×ウォーエンブレムは、スタミナと競り合いでの強さを感じさせる血統です。

 第2の注目馬は、4枠7番のシャドウディーヴァ。
 前走フローラステークスは僅差の2着でした。ハーツクライ×ダンシリは、こちらもスタミナを感じさせる血統です。

 第3の注目馬は、2枠3番のコントラチェック。
 前走フラワーカップG3は快勝でした。ディープ産駒の強さは健在でしょう。

 今回は、以上の3頭に注目します。

 唯一のG1ホース・ダノンファンタジーや3連勝中のラヴズオンリーユーの走りも、とても楽しみです。

 ゴール寸前まで激しい競り合いが続く、眼が離せないオークスになることでしょう。
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031