FC2ブログ
HOME   »  2019年06月08日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2019年のケンタッキーダービーは、5月4日、アメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビルのチャーチルダウンズ競馬場ダート左回り2000mコースで行われました。

 アメリカ三冠レースの第1弾ですが、結果は以下の通りです。
1着 カントリーハウス 2分3秒93
2着 コードオブオナー 3/4馬身差
3着 タシトゥス 3/4馬身差
4着 インプロバブル アタマ差
5着 ゲームウィナー 1/2馬身差
6着 マスターフェンサー アタマ差
7着 ウォーオブウィル 1/2馬身差

 カントリーハウスの快勝でした。
 カントリーハウスは、前走アーカンソーダービーG1で3着、前々走ルイジアナダービーG2で4着と勝ち切れないレースが続いていましたが、「本番」で見事に優勝した形です。

 コードオブオナーは、前走フロリダダービーG1で3着、前々走ファウンテンオブユースステークスG2で1着と実績を重ねてきましたが、「本番」では惜しくも2着でした。

 タシトゥスは、前走ウッドメモリアルステークスG2、前々走タンパベイダービーG2を連勝して臨みましたが3着でした。

 つまり、「2019年のアメリカクラシック戦線は『大混戦』」ということになります。
 傑出した馬は居ませんが、毎回とても面白いレースが繰り広げられているということになるのでしょう。

 ちなみに、三冠レース第2弾のプリークネスステークス2019は5月18日に行われ、ウォーオブウィルが優勝しました。
 ウォーオブウィルは、ケンタッキーダービー2019の7着馬です。

 ちなみに、ケンタッキーダービー6着のマスターフェンサーは、日本馬・ジャスタウェイ産駒です。

 2019年のアメリカ三冠レースを締めくくるベルモントステークスは、6月8日(日本時間6月9日早朝)に行われます。
 日本から唯一出走するマスターフェンサーは、馬番3となりました。
 活躍が期待されます。
スポンサーサイト



[6月4日・準々決勝]
ロジャー・フェデラー3-1スタン・ワウリンカ

[6月4日・準々決勝]
ラファエル・ナダル3-0錦織圭

[6月6日・準々決勝]
ノバク・ジョコビッチ3-0アレキサンダー・ズベレフ

[6月6日・準々決勝]
ドミニク・ティエム3-0カレン・カチャノフ

 準々決勝の4試合を終えて、準決勝進出選手が決まりました。
 第1シードのジョコビッチ選手、第2シードのナダル選手、第3シードのフェデラー選手、第4シードのティエム選手です。

 メジャー大会で、第1~4シードが順当に勝ち上がった形。その「順当さ」に少し驚きますが、何より、第1~3シードの「3強」、21世紀の「3強」の強さには、ただただ驚かされるばかりです。

 32歳のジョコビッチ選手は、22歳のズベレフ選手を一蹴しました。ストレート勝ちですが、何とこの大会でジョコビッチ選手は「1セットも落としていない」のです。

 33歳のナダル選手は、錦織選手に3セットで5ゲームしか与えず完勝しました。さすがに「クレーの鬼」です。

 37歳のフェデラー選手は、全豪・全仏・全米の優勝経験があるワウリンカ選手に勝利。第1セットと第3セットはタイブレークの末勝ち切りました。得意なサーフェスとはいえない全仏で、しかし、この「いざという時」の勝負強さは、信じられないレベルでしょう。

 印象ならば、これまでの「21世紀の男子プロテニス界」は、この「3強」が支配しているように感じられますが、それももう「19年」に及ぶのです。
 どう見ても「男子プロテニス史上最強の3強」でしょう。
 10年以上に渡る期間、世界中から若くて才能豊かな男子テニスプレーヤーが数多くデビューしたことは間違いないでしょうし、その中には「3強」を凌ぐ大才能も含まれていたことも間違いない筈(確率的にも間違いない筈)ですが、結局のところ「3強」を脅かす存在は現れていないように観えます。ここは「3強」の継続した強さと弛まぬ努力に、拍手を送るしかないのでしょう。
 50年後・100年後に語り継がれる事実であろうとも思います。

 準決勝の組合せは、フェデラーVSナダル、ジョコビッチVSティエムとなっています。
 この稿が掲載される頃には、準決勝2試合の結果が出ているかもしれませんが・・・。

 いったい「何時まで3強が圧倒的に強い時代が続くのか」、そして「3強を凌駕する若手の登場」はまだなのか・・・。

 もちろん、「3強」にはこれからも伝説を継続していただきたいのですが、男子テニス界の将来を考えれば、若手の台頭も不可欠であろうと思います。

プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930