FC2ブログ
HOME   »  2019年06月21日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[6月18日・女子フルーレ団体決勝・千葉ポートアリーナ]
日本45-29韓国

 2012年の和歌山ビッグホエールでの開催に続いて、7年振りの日本開催となったアジアフェンシング選手権大会最終日、日本女子フルーレチームが初優勝を飾りました。

 日本チーム(東選手、菊池選手、上野選手、辻選手)が韓国チームを45-29で下したのです。
 8点差で3人目の上野優佳選手が登場し、10連続得点を挙げて、圧勝しました。
 17歳の上野選手の素晴らしい勢いでした。

 このところ、世界でも「アジア勢」が強い種目ですから、東京オリンピック2020におけるメダル獲得に向けて期待が膨らむ大活躍です。

 この大会で日本チームは、男子フルーレ個人(敷根崇裕選手)、男子エペ個人(山田優選手―決勝で宇山賢選手との日本人対決を制しました)、男子フルーレ団体(松山選手、三宅選手、敷根選手、鈴村選手)、そして女子フルーレ団体と4種目で優勝しました。
 もちろん、強豪である中国チームや韓国チームに及ばなかった種目も有るのですけれども、フェンシング日本チームの地力は着実に向上していると感じられます。

 東京オリンピック2020に向けて、「残り1年間」の仕上げの時期が来たのでしょう。
 
スポンサーサイト
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930