FC2ブログ
HOME   »  2019年07月21日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[7月17日・リグレーフィールド]
シカゴ・カブス5-2シンシナティ・レッズ

 嬉しいニュースが入りました。

 ついに、ダルビッシュ投手に勝ち星が付いたのです。

 4月27日の対ダイヤモンドバックス戦で勝利投手になって以降、5月に6試合、6月に5試合、7月に2試合の計13試合に登板しながら、勝ち星を手にすることができなかったダルビッシュ投手。
 本当に「長いトンネル」でした。

 とはいえ、直前の登板・7月12日の対パイレーツ戦では好投(6イニング・無失点)を魅せていましたので、勝ち投手になる日は近いと感じていました。
 そして7月17日の登板を迎えたのです。

 この試合でダルビッシュ投手は、6イニング・83球を投げて、被安打2、奪三振7、与四球2、失点0という素晴らしい投球を披露し、3勝目(4敗)を挙げたのです。

 今シーズン20度目の先発登板における勝利でした。ローテーションをキッチリ守っている先発投手にしか出来ない登板数です。
 これだけ長い間勝ち星に恵まれなかった訳ですが、チーム首脳陣のダルビッシュ投手に対する信頼はいささかも揺るがなかったことを示す事実でしょう。

 これで2先発連続零封ということになりますから、「復活」も本物。
 球威、コントロール共に十分な投球が戻ってきたのです。

 それにしても不思議なほどに「長いトンネル」でした。

 今後は、文字通り「リーグ屈指の本格派先発投手」として、存分に力を発揮していただけることでしょう。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031