FC2ブログ
HOME   »  2019年07月28日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[7月22日・女子200m個人メドレー]
1位 カティンカ・ホッスー選手(ハンガリー) 2分7秒53
2位 葉詩文(中国) 2分8秒50
3位 シドニー・ピックレム選手(カナダ) 2分8秒70

[7月27日・女子800m自由形]
1位 ケイティ・レデッキー選手(アメリカ) 8分13秒58
2位 シモナ・クアダレッダ選手(イタリア) 8分14秒99
3位 アリアン・ディットマス選手(オーストラリア) 8分15秒70

 現代の競泳女子を代表する2スイマー、カティンカ・ホッスー選手とケイティ・レデッキー選手が、世界選手権大会4連覇を達成しました。
 まさに「快挙」です。

 レデッキー選手は、現在の自由形400m、800m、1,500mの世界記録保持者ですし、ホッスー選手は200mと400mの個人メドレーの世界記録保持者ですから、まさに「世界の第一人者」なのです。

 両選手共、バルセロナ2013、カザン2015、ブダペスト2017、光州2019と4つの世界選手権大会で金メダルを獲得しています。

 特にレデッキー選手は、世界選手権大会で計15個の金メダルを獲得していて、女子スイマーとしては「史上最多記録」を保持しているのです。
 もちろん、オリンピックでもロンドンとリオデジャネイロで計5個の金メダルを獲得しています
 レデッキー選手に付いて特筆すべきは、200m自由形でもリオデジャネイロ・オリンピックとカザン世界選手権大会で金メダルを獲得している点でしょう。200~1,500mまでの自由形のオールラウンダーなのです。
 「史上最強の女子自由形スイマー」と呼んでも良いのでしょう。

 今大会では「体調不良」が報じられていて、なかなか活躍できませんでしたが、そうした中でもしっかりと「ひとつの金メダルを確保」するところは、さすがです。

 一方のホッスー選手は「史上最強の女子個人メドレースイマー」と呼んで良いのでしょう。
 もちろんこちらもオリンピックでも3つの金メダルを獲得していますし、そのリオ五輪では100m背泳ぎでも優勝していますから、こちらは種目を問わないオールラウンダーということになります。
 
 ケイティ・レデッキー選手は22歳(22歳でオリンピックと世界選手権で20個の金メダルというのも驚異的というか空前絶後に見えます)ですから、当分の間「世界の自由形種目の主役」を務めることは間違いないでしょうし、30歳のカティンカ・ホッスー選手も当分の間「世界の個人メドレー種目を支配」し続けることでしょう。

 お二人とも、東京オリンピック2020の主役なのです。

スポンサーサイト



 コパアメリカ2019ブラジル大会の記事を、更にひとつ。

 7月2日に行われた、ブラジルVSアルゼンチンのゲームは、今大会注目の一戦でした。
 南米を代表するサッカー強豪チーム同士の激突だったのです。

 その先発イレブンを見て行きましょう。

[ブラジル(カッコ内は所属クラブチーム)]
GK アリソン(リバプール/イングランド)
DF ダニエウ・アウベス(パリサンジェルマン/フランス)
  マルキーニョス(パリサンジェルマン/フランス)
  チアゴ・シウバ(パリサンジェルマン/フランス)
  アレックス・サンドロ(ユベントス/イタリア)
MF アルトゥール(バルセロナ/スペイン)
  カゼミロ(レアルマドリード/スペイン)
  ガブリエル・ジェズス(マンチェスターシティ/イングランド)
  フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ/スペイン)
  エベルトン(グレミオ/ブラジル)
FW ロベルト・フィルミーノ(リバプール/イングランド)

[アルゼンチン(同上)]
GK フランコ・アルマーニ(リバープレート/アルゼンチン)
DF フアン・フォイト(トッテナムホットスパー/イングランド)
  ヘルマン・ペッセジャ(フィオレンティーナ/イタリア)
  ニコラス・オタメンディ(マンチェスターシティ/イングランド)
  ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス/オランダ)
MF ロドリゴ・デ・パウル(ウディネーゼ/イタリア)
  レアンドロ・パレデス(パリサンジェルマン/フランス)
  マルコス・アクーニャ(スポルディング/ポルトガル)
  リオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン)
FW ラウタロ・マルティネス(インテル/イタリア)
  セルヒオ・アグエロ(マンチェスターシティ/イングランド)

 さすがに、南米を代表するナショナルチームである両チームのメンバーの「豪華」なことといったら、眩いばかりです。

 一方で、ブラジルチームのメンバーの「ビッグクラブ」所属率の高さには、本当に驚かされます。
 アルゼンチンチームは、その点ではやや見劣りするのでしょう。

 2019年7月初旬の時点では、代表チームスターターの、ビッグクラブ所属率では、ブラジルの方が相当上であると判断するのが、冷静な見方だと思います。

 もちろん、ビッグクラブに居るプレーヤーばかりで固めたチームが、必ずしも強いわけでは無く、勝利する訳では無い、と言えるのでしょうが、「市場価格」が、個々のプレーヤーの力量を測る重要な物差しであることは、間違いありません。
 従って、この時点では、個々のプレーヤーの力量合計なら、ブラジルの方が上と見るのが妥当でしょう。
 別の言い方をすれば、「現在のセレソンは世界的に観ても大戦力を擁している」ということになります。

 ちなみに、控え選手を見ても、ブラジルチームは豪華です。
 エデルソン(マンチェスターシティ)、フェルナンジーニョ(マンチェスターシティ)、ウィリアン(チェルシー)、フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリード)、といったビッグクラブ所属プレーヤーが目白押しなのです。

 何とも、羨ましい限りの選手層の厚さです。
 さすがは「王国」なのです。

 これほどのブラジル代表チームを相手にしても、メッシ選手という「異次元の存在」、「世界サッカー史上屈指のFW」の力量と、アルゼンチン代表チームの「チーム力」「戦術・戦法」を持ってすれば、十分に勝負になると観ていたのですが、コパアメリカ2019においては、ブラジルチームの総合力が勝ったということになるのかもしれません。

プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031