FC2ブログ
HOME   »  2019年09月27日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[9月25日・釜石鵜住居復興スタジアム]
ウルグアイ30-27フィジー

 世界ランキング19位のウルグアイチームが、10位のフィジーチームを破ったのですから、これは「番狂わせ」です。(9月23日時点のランキング)
 今大会初の本格的な?「番狂わせ」と言っても良いのでしょう。

 9月21日の緒戦で、オーストラリアに敗れていたフィジーとしては、絶対に勝たなくてはならないゲームを落としたことになりますが、このゲームではキックプレーの成功・不成功が明暗を分けたように観えます。

 前半2分、フッカーHOメスラメ・ドロコト選手のトライで幸先よくスタートを切ったフィジーチームでしたが、コンバージョンキックをスタンドオフSOジョシュ・マタベシ選手が失敗してしまいました。

 続く19分のトライのコンバージョンは成功しましたが、後半6分のペナルティーキックをマタベシ選手が失敗すると、後半7分のコンバージョンキックも失敗、後半26分のコンバージョンキックは、フルバックFBアリベレティ・ベイトカニ選手に代わって入ったベン・ボラボラ選手が挑みましたが失敗、後半40分のコンバージョンもボラボラ選手が外してしまいました。

 フィジーチームのキックが、もともと下手な訳ではないのは「世界ランキング10位」が証明しています。
 一方で、最初のコンバージョンキックを外してしまい、ウルグアイの健闘・攻勢に会って前半を12-24と劣勢で折り返したフィジーのキッキングチームに、大きなプレッシャーがかかったことも事実なのでしょう。
 当然ながら、ラグビー競技も心理的な要素があるのです。

 結果として、フィジーチームはコンバージョンキックの成功が1/5、ペナルティーキックは0/1と、5本のキックを外して、「11得点」を失いました。
 ゲームは3点差で敗れたのですから、キックがもう少し決まっていたならば、ゲームの帰趨は全く分からなかったことになります。

 加えて、「攻撃のリズム」という面でも、コンバージョンキックの成否は大きな影響を与えます。
 ご承知のように、「トライ→ゴール」がラグビーの基本なのです。

 「キックによる得点の重要性」を、改めて如実に示してくれたゲームでした。

スポンサーサイト



[9月21日・横浜スタジアム]
読売ジャイアンツ3-2 DeNAベイスターズ(延長10回)

[9月24日・ZOZOマリンスタジアム]
西武ライオンズ12-4ロッテマリーンズ

 2019年のプロ野球ペナントレースは、セントラルリーグが巨人、パシフィックリーグが西武の優勝となりました。

 巨人は、チーム防御率がリーグ4位(成績は9月25日終了時点)、チーム打率は2位と、攻守ともに突出した力は示せなかったのですが、「好守のバランス」が良かったのです。
 原監督の采配も見逃せません。競り合いの試合を良く勝ち、ポイントとなるゲームを制し続けました。
 2番手チームに再三にわたって迫られましたけれども、ペナントレース終盤に到って、ついに2位に下がることが無かったという「粘り強い」戦い振りが秀逸でした。

 西武はソフトバンクとの熾烈な争いを制し、連覇を達成しました。
 今季はソフトバンクが押し切るかに観えました(本ブログ2019年8月23日付の記事「[NPB2019] 残り約30試合 ペナントレースの行方」をご参照ください)が、終盤に入って自慢の打線が威力を発揮しました。
 チーム防御率はリーグ6位と最下位ですが、チーム打率はリーグ1位ですから、こちらは間違いなく「打力による優勝」です。
 特に、8月27日からの対日本ハム3連勝、8月28日からの対ソフトバンク2勝1敗、9月3日からの対オリックス2勝1敗、9月6日からの対楽天2勝1敗、9月11日からの対ソフトバンク2勝1敗、9月14日からの対ロッテ2勝1敗、と「3連戦での勝ち越し」を続けた戦い振りは見事でしょう。
 ここぞという局面での「集中力」は素晴らしいものでしたし、見応え十分なゲームが続きました。

 クライマックスシリーズ2019は、セ・パ両リーグともに10月5日から始まります。
 ファイナルステージも共に10月9日からです。

 セ・リーグは、巨人の日本一に向けての戦い振りが注目されます。
 
パ・リーグは、2018年シーズンに、ペナントレースを制しながら日本シリーズに進めなかった西武のリベンジがなるのかが、注目です。
 ソフトバンクの強さは相変わらずですので、「西武打線VSソフトバンク投手陣」の戦いは、NPB最高峰の戦となることでしょう。

 NPB2019も佳境に入りました。

プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930