FC2ブログ
HOME   »  2019年12月02日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2020年1月12日に開幕する2020年のトップリーグですが、ワールドカップ2019日本大会に出場した各国のプレーヤーが、トップリーグの各チームに加入して、トップリーグのレベルアップに結びついているように観えます。

 千葉県船橋市に拠点を置くクボタスピアーズも、そうしたチームのひとつでしょう。

 11月13日、クボタスピアーズは公式ホームページで、ワールドカップ2019で活躍したプレーヤーのチームへの合流日を発表しています。

・ピーター・ラブズカフニ選手 11月18日
・バーナード・フォーリー選手 11月20日
・ライアン・クロッティ選手 12月10日
・ドウェイン・フェルミューレン選手 12月10日

 ラブズカフニ選手は、言わずと知れた日本代表チームのフランカーFL。
 ワールドカップ2019における大活躍は、素晴らしいの一語でした。南アフリカ出身のラブズカフニ選手がブレイブブロッサムズの「ベスト8進出」に大貢献したことに、異論を差し挟む人は少ないでしょう。

 フォーリー選手(30歳)は、オーストラリア代表チーム・ワラビーズのスタンドオフSOとして著名な存在です。
 既に2015年に、トップリーグ・リコーブラックラムズでプレーした経験がありますが、今度はクボタスピアーズに加わることとなったのです。
 プレースキックにも定評のあるフォーリー選手。ワラビーズの代表キャップ70を誇る世界トップクラスのプレーが、本当に楽しみです。

 クロッティ選手(30歳)は、ニュージーランド・オールブラックスのセンターCTBです。
 当然ながら、母国でもクロッティ選手の動向は注目されていて、クボタスピアーズ加入が大きく報じられたとのこと。基本に忠実で献身的、スピード溢れるクロッティ選手のプレーがトップリーグで観られるのです。

 フェルミューレン選手(33歳)は、南アフリカ・スプリングボクスのNO.8です。
 2018年からクボタスピアーズのメンバーですから、2020年シーズンは3年目いうことになります。
 ラブズカフニ選手と共にクボタスピアーズのフォワードFW第3列を支えてきたプレーヤーの、2020年シーズンの活躍が期待されます。

 クボタスピアーズはこれまで、トップリーグの優勝を争うチームではありませんでした。
 例えば、前期は7位、前々期は11位だったのです。
 前期までのトップリーグは、パナソニックワイルドナイツやサントリーサンゴリアス、コベルコスティーラーズが覇を競ってきました。

 ここに、新戦力が加わったクボタスピアーズが、どこまで食い込めるか。
 「世界のプレーを熟知している」選手達から様々な影響を受ける日本選手達が、その力をどこまで伸ばすのか。

 本当に楽しみです。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031