FC2ブログ
HOME   »  2020年01月21日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[女子シングルス]

[1月19日・決勝]
早田ひな4-1石川佳純

[1月19日・準決勝]
早田ひな4-3伊藤美誠

[1月19日・準決勝]
石川佳純4-1橋本帆乃香

[女子ダブルス]

[1月18日・決勝]
早田ひな・伊藤美誠3-1芝田沙季・大藤沙月

 丸善インテックアリーナを会場として、1月13日に始まった、2020年の全日本卓球選手権大会は、18日、19日にダブルスとシングルスの準決勝、決勝が行われ、女子の部では、早田ひな選手が2冠に輝きました。

 18日のダブルスでは、伊藤美誠選手とのペアで勝ち進み、決勝でも芝田・大藤ペアを相手に危なげなく破って、大会3連覇を達成しました。
 完成度が高いペアが、実力を発揮した優勝でした。

 この、ダブルスの決勝が行われた日に、シングルスの準々決勝も行われ、早田選手は佐藤瞳選手を4-0で下して、同じく小塩遥菜選手を4-0で下した伊藤美誠選手との準決勝に臨むことになったのです。
 最強ペアの個人戦での激突となりました。

 伊藤VS早田の戦前の予想は「伊藤有利」でした。国際大会での実績、世界ランキング3位の伊藤選手が決勝に勝ち上がると観られていたのです。

 ところが試合が始まると、早田選手の「攻勢」が続きました。フォアハンドでもバックハンドでも、早田選手の思い切りの良いプレーが続き、これが良く決まりました。
 早田選手の好調なプレーに、さすがの伊藤選手も押され気味でした。

 第1・第2ゲームを早田選手が「あっという間に連取」すると、試合はこのまま早田選手が圧勝するのではないかという空気が流れました。それ程に、早田選手のプレーは見事だったのです。(この2ゲームについて、試合後、伊藤選手は「楽しくなかった」とコメントしています。どんな大試合でも、楽しむことを身上としている伊藤選手としては、珍しいコメントでしょう)

 しかし、そこは百戦錬磨の伊藤選手ですから、第3ゲームから反撃に転じて、第4ゲームまで2ゲームを連取して、ゲームカウント2-2としました。試合を振り出しに戻したのです。

 2-2からの第5ゲームが、この試合の天王山でした。
 両選手が持ち味を出したゲームは、ポイント10-10からジュースに入り、ここから早田選手が2ポイントを連取して12-10で奪いました。ギリギリの状況でも攻め続けた、早田選手の見事なプレーでした。

 第6ゲームは伊藤選手が11-4と簡単に?取りましたが、このゲームは早田選手にとっての「休息時間」だったのかもしれません。
 最終・第7ゲームに入り、早田選手は再び「スピード十分な連続攻撃」を繰り出して、ついに伊藤選手を破ったのです。

 この勢いで臨んだ決勝でも、早田選手は石川選手を破って、初優勝に輝きました。
 早田選手の「ショットの強さ・速さ」が際立った、準決勝・決勝であったと感じます。

 伊藤選手、石川選手という、東京オリンピック2020の女子シングルス代表2選手を連破しての優勝は、試合内容を含めて文句の付けようが無く、この日・この大会最強だったのは早田選手であることを明示してくれました。
 「卓球日本」女子の選手層の厚さを如実に示してくれた大会でもあったのでしょう。

 3年連続3冠を目指していた伊藤美誠選手にとっては、残念なシングルスの結果となりました。
 とはいえ、早田選手との準決勝は、見応え十分な、おそらくは現在の世界最高レベルの試合であったと感じます。
 惜しむらくは「守りに入った」ことでしょうか。
 この試合は、早田選手が7割方攻勢に出ていました。伊藤選手としては、カウンターやストップで対抗できると考えたのでしょうけれども、この日の「早田選手の当り」に、ついに押し切られた形でしょう。

 伊藤選手は今週も欧州での大会に出場するとのこと。
 東京オリンピック2020に向けて、トレーニングの日程は決まっているのかもしれませんが、少し(2週間位)厳しい試合を休んで、心身をリフレッシュすることも良いのではないかと、素人ながら感じます。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031