FC2ブログ
HOME   »  2020年01月28日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[1月26日・両国国技館・千秋楽結びの一番]
徳勝龍○-(寄り切り)-●貴景勝

 幕内出場力士中の番付最上位である大関・貴景勝と、幕尻の徳勝龍の対戦は、まさに「大相撲」でした。

 立合いで当たり合った後、まわしの取り合いがあり、まきかえも有って、左四つに組みました。
 一気に押し出そうとしていた貴景勝にとっては、四つ相撲は避けたいところだったのでしょうが、貴景勝の押しを徳勝龍が組み止めたのです。

 得意の左四つに組んだ徳勝龍は、貴景勝を寄り立てます。
 東と向う正面の間の俵に詰まった貴景勝は、右からの突き落としを見せました。
 強烈な突き落としでしたので、徳勝龍も一度は後退し、今度は東と正面の間に寄り立てます。
 懸命に堪える貴景勝でしたが、圧力に抗しきれず、左足から土俵を割りました。

 おそらく10秒に満たない取組であったと思いますが、攻防に溢れた素晴らしい相撲、「大相撲」でした。
 今場所屈指の大相撲でしょう。

 14日目に、正代との「1敗対決」を制した徳勝龍でしたが、その正代が千秋楽に御嶽海を破り2敗を堅持しました。

 こうなると、後から取る徳勝龍には大きなプレッシャーとなります。
 徳勝龍が結びの一番で敗れれば、「2敗同士の優勝決定戦」になるからです。

 正代は、決定戦に向けて、準備万端という感じでした。

 また、貴景勝とすれば、大関としては絶対に負けられないと考えていたでしょうから、徳勝龍は相当に追い込まれた状況でした。
 時間いっぱい前の仕切りで、呼び出しに「水」を要求したのは、喉がカラカラだったからと、取組後判明しましたが、それ程に緊張した状態だったのです。

 しかし、徳勝龍は「立合いに注文を付けることなく」、堂々と当たって行きました。
 そして、大関と互角のやり取りを披露して、取り切ったのです。
 
 妻は、「こんな相撲が取れるなら、いつもやればいいのに」と言いました。
 それはおっしゃる通りですが、「優勝する力士には何か特別な力が出る」と観るのが妥当なのでしょう。
 徳勝龍にとって、力士人生で最高の場所であり、千秋楽の相撲は「最高の相撲」だったのではないでしょうか。素晴らしい15日間でした。

 さて、3年程前から、上位と下位の力量差が小さくなってきていると、何度も書きましたけれども、将来、2020年1月場所は「力量差が最小になった場所」と位置付けられる可能性が有ります。

 幕尻力士の優勝を始めとして、大関返り咲きを目指した、関脇・高安が6勝9敗と負け越し、カド番の大関・豪栄道が5勝10敗と負け越し、小結・阿炎と大栄翔も負け越しました。とても残念な現実でしょう。
 もちろん、個々の力士のコンディションの良し悪しが、たまたま重なったという面はあるのでしょうが、三役力士で勝ち越したのは、大関・貴景勝と関脇・朝乃山の2力士のみだったのです。
 結果として、多くの白星が前頭の力士に配されるのですから、「大波乱の場所」になるのも、無理は無いという形です。

 3月場所は大関がひとりになります。

 横綱・白鵬、横綱・鶴竜、大関・貴景勝の頑張りが期待されます。

スポンサーサイト



[1月26日・大阪国際女子マラソン]
1位 松田瑞生選手 2時間21分47秒
2位 ミミ・ベレテ選手(バーレーン) 2時間22分40秒
3位 シンタエフ・レウェテン選手(エチオピア) 2時間23分03秒
4位 メスケレム・アセファ選手(エチオピア) 2時間23分31秒
5位 リサ・ウェイトマン選手(オーストラリア) 2時間26分02秒
6位 ボルネス・ジェプキルイ選手(ケニア) 2時間26分24秒

 東京オリンピック女子マラソン代表の選考会も兼ねた、第39回大阪国際女子マラソンが行われ、松田瑞生(まつだ みずき)選手が素晴らしい走りを魅せました。

 常にトップグループの前の方に位置して、31km付近で抜け出し、独走して、そのまま押し切ったのです。

 エチオピアやケニアのランナー達を相手にしての優勝も素晴らしいことですが、「2時間22分22秒」というタイムとの戦いも十分に意識して、これをクリアしたことが見事でしたし、何より、ゴールまで「元気に走り切った」ことが、とてもハイレベルなパフォーマンスであったと感じます。
 ゴール前でこれ程「疲れを感じさせないランニング」は、日本女子マラソンランナーとして久し振りだったのではないでしょうか。

 もちろん、まだオリンピックの出場権を確保したわけではありませんが、もし本番で走ることが出来るならば、この「最後まで戦える力」が、大きな成果に繋がることでしょう。

 松田選手の「見事なトライ」でした。

プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031