FC2ブログ
HOME   »  2020年02月17日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 UEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグCLの2019~20年シーズンについては、これまでグループリーグのトピックスを書いてきましたが、今回は2月18日に始まる決勝トーナメントT・1回戦の好カードを観て行きたいと思います。

 まずは、レアル・マドリードVSマンチェスター・シティ。
 グループAを2位で通過したレアルとグループCをトップ通過したシティが、1回戦で激突します。
 CL最多13度の優勝を誇るレアルとイングランド・プレミアリーグ2連覇中のシティですし、現代サッカーの最高峰の試合内容が期待されます。
 このところの勢いならシティに分がありそうですが、「CLの神様に愛されている」レアルの、この舞台での勝負強さも侮れません。

 続いては、リバプールVSアトレティコ・マドリード。
 昨季CL覇者であるリバプールと、リーガ・エスパニョーラ3強の一角・アトレティコの激突です。リバプールはグループEトップで、アトレティコはグループD2位で、決勝Tに進出してきました。
 次第に調子を上げている感のあるリバプールがやや有利かと思いますが、CLにおけるリーガ・エスパニョーラ勢の強さを考え合わせると、予断を許しません。

 続いては、バイエルン・ミュンヘンVSチェルシー。
 21世紀のクラブ3強の一角・バイエルンとプレミアリーグ屈指のビッグクラブ・チェルシーの激突です。
 バイエルンは、グループBで6戦6勝のトップ通過でした。今季CLでの好調さが際立っています。チェルシーは、グループHの大接戦を2位で勝ち抜いています。勢いならバイエルンだと思いますが、チェルシーには「プレミアの意地」を魅せていただきたいものです。

 以上の3つが、UEFA-CL2019~20の決勝T1回戦の好カードでしょう。
 いずれも決勝カードと言っても良い対戦です。

 もちろん、他にも見逃せないカードが目白押しです。
 FCバルセロナVSナポリ、パリ・サンジェルマンVSボルシア・ドルトムント等々、CLはいつも「華やかな戦い」が繰り広げられるのです。

 今季決勝T1回戦のファーストレグは2020年2月18日~26日、セカンドレグは3月10日~18日に行われます。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829