FC2ブログ
HOME   »  2020年02月25日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[2月21日・第1節・BMWスタジアム]
浦和レッズ3-2湘南ベルマーレ

[2月23日・第1節・日産スタジアム]
ガンバ大阪2-1横浜Fマリノス

 2月21日(金)、2020年のJ1が開幕しました。
 開幕戦は、追いつ追われつの展開から、後半40分関根選手が決勝点を挙げたレッズが勝ちました。
 今シーズンのレッズの活躍が期待されます。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止が叫ばれ、様々な分野のイベントが開催中止や縮小、開催形式の変更(無観客等)が続いていますが、Jリーグは敢然と通常開催に踏み切りました。
 もちろん、種々の防止策を実施することを前提として、我が国を代表するプロスポーツとして、「日本を元気に」して行っていただきたいものです。

 23日のゲームでは、「Jリーグ通算出場試合数」のタイ記録が生まれました。
 ガンバの遠藤選手が通算631死脚出場とし、名古屋グランパスエイトのゴールキーパーGK楢崎正剛選手の記録に並んだのです。
 素晴らしいことです。

 ちなみに、通算出場記録の上位プレーヤーは以下の通りです。(2020年シーズン第1節終了時点)

1位 楢崎正剛選手 631試合
1位 遠藤保仁選手
3位 中澤佑二選手(横浜Fマリノス) 593試合
4位 阿部勇樹選手(浦和レッズ) 574試合
5位 曽ヶ端準選手(鹿島アントラーズ) 532試合

 いずれも、Jリーグそして日本サッカーの歴史に名を刻む名プレーヤーが並んでいます。

 遠藤選手について観れば、
① 先発出場が多いこと(開幕先発21年連続のJリーグ記録保持)
② 一発退場0
が特徴でしょうか。

 遠藤選手と言えば、「正確なパス、シュート」が印象的です。
 そのキックの精度は、歴代の日本人プレーヤーの中でも屈指、私はNO.1と評価しています。
 ワールドカップでのフリーキックによるゴールは、いつまでも語りつがれるものでしょう。

 まだ?40歳の遠藤保仁選手には、これからもどんどん記録を伸ばして行ったいただきたいものです。

スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829