FC2ブログ
HOME   »  2020年03月06日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 東京マラソン2020男子は、エチオピアのビルハヌ・レゲセ選手の優勝、大迫傑選手の日本最高記録更新で幕を閉じましたが、一方で、多数の日本選手の高記録樹立が目立ちました。

 2時間6分台が2人、2時間7分台が7人という「記録ラッシュ」に沸いたのです。

[東京マラソン2020男子における2時間6分台・7分台の日本選手]
8位 高久龍選手 2時間6分45秒
9位 上門大祐選手 2時間6分54秒

10位 定方俊樹選手 2時間7分05秒
11位 木村慎選手 2時間7分20秒
12位 小椋裕介選手 2時間7分23秒
13位 下田裕太選手 2時間7分27秒
14位 菊池賢人選手 2時間7分31秒
15位 一色恭志選手 2時間7分39秒
16位 設楽悠太選手 2時間7分45秒

 この他にも、2時間8分台のランナーが5名です。
 
 「2時間9分を切った日本選手が15名居たレース」というのは、私の記憶にはありません。

 これほどまでに「好記録が続出」した理由は、何なのでしょうか?

 もちろん、日本陸上競技連盟を始めとする日本の陸上界による「強化」の取組が成果を挙げていることは間違いないのでしょうが、それにしても、あまりにも急激な記録向上でしょう。

① 厚底シューズの効果

 正月の箱根駅伝や都道府県対抗駅伝における好記録の連発を観ても、この影響は無視できないでしょう。
 当初は、一握りのトップ選手のみが使用していた厚底シューズが普及し、多くの選手に行き渡るとともに、「厚底シューズの機能を有効に活用できる走法」も普及し、多くのランナーが身に付けつつある可能性が有ります。

② 好コンディション

 2020年3月1日午前中の東京地区のコンディションがとても良かったという見方です。
 確かに、気温はやや高めでしたし、日差しも有りましたが、風が弱かったと思います。湿度についての情報は持ち合わせていませんけれども、この「気温と湿度の関係」が、マラソン競技に適合した可能性があります。

③ ペースメーカーによる驚異的なハイペース

 今回のレースが、東京オリンピック2020の代表選考に大きな影響を与えるとの観点から、「狙いが2時間5分49秒に絞られた」ため、この記録をクリアするためのペースが、ペースメーカーによって作られたことが、全体の記録向上に結び付いた可能性です。

 特に、前半15kmまでのペースはとてもハイレベルなものでしたが、多くの日本選手がこれに付いていって、結果的に複数のランナーが「(驚異的な)自己ベスト」を叩き出すこととなったのかもしれません。

 もちろん、「好記録続出の要因」はひとつではなく、いくつかの要素が組み合わさって、日本男子マラソン史上において、観たことが無い「高速レース」になったのでしょう。

 東京オリンピック2020男子の代表は、今回の日本最高記録更新により、大迫傑選手の可能性がとても高くなったと感じますが、前述の①~③の要因が一層大きく作用することが有れば、3月8日のびわ湖毎日マラソンにおいて、「2時間5分29秒を切る記録が飛び出す可能性も無くは無い」という感じがします。

 何しろ、2時間6分台を2人のランナーが叩き出しているのですから。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031