FC2ブログ
HOME   »  2020年05月04日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 5月2日、京都競馬第10レース・下鴨ステークス(芝2,000m)に出走した、牡11歳のスズカルパンは、JRA通算100走を達成しました。

 レース結果は、13頭立ての10着でしたが、元気な姿を魅せていただきました。

 2011年9月10日の2歳新馬戦でデビュー(4着)したスズカルパンは、2012年3月4日、9走目の3歳未勝利戦で初勝利を挙げました。1番人気での勝利でした。

 同期のゴールドシップやジェンティルドンナの活躍の陰で、3歳時はこれ以上勝利を挙げることはできませんでした。

 迎えて4歳、2013年5月18日の4歳以上500万下戦で2勝目を挙げます。自身24走目でした。
 そして5歳、2014年4月26日の4歳以上500万下戦で3勝目。36走目でした。
 さらに7歳、2016年5月8日の鴨川特別(1000万下)戦で4勝目。63走目でした。

 以上がスズカルパンの勝ち鞍です。通算100戦4勝となります。

 本当に良く走ってきたと感じますし、勝ち鞍が3~5月に集まっていますので、「春が得意」ということなのでしょう。

 お父さんは、あのスズカマンボ(父サンデーサイレンス、母スプリングマンボ)です。
 天皇賞(春)2005を制覇し、朝日チャレンジカップG3にも優勝しています。
 
 さて、競馬界には「無事これ名馬」という言葉が有ります。
 
 スズカルパンは、戦績的にはいまひとつなのでしょうが、まさに「無事これ名馬」の一頭でしょう。
 20世紀に比べれば、出走するレース間隔が広くなっていると感じられる21世紀の競馬において、11歳まで走り100走を達成したのですから。
 素晴らしい記録でしょう。

 この記録は、中央競馬史上第8位の記録なのだそうです。
 1位は、1998年にデビューし2006年に引退したハートランドヒリュの127走(4勝)とのこと。

 スズカルパンがこの記録を抜くことは難しいのでしょうけれども、これからも元気な姿を魅せていただきたいと思います。
 
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031