FC2ブログ
HOME   »  2020年05月16日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 5月17日、東京競馬場芝1,600mコースで開催される、第15回ヴィクトリアマイル競走G1の注目馬検討です。

 今年も18頭のフルゲート(ディメンシオンが取消して17頭のレースとなりましたが)です。

 そして、アーモンドアイが出走してきました。
 ヴィクトリアマイル2020の最大のポイントでしょう。

 新型コロナウイルス禍の影響でドバイミーティング2020が行われなくなった結果ですが、私達としては日本で久しぶりに彼女の姿を眼にすることが出来るのです。

 有馬記念2019の直線で手応えが無くなり、ずるずると後退したのが、今でも不思議ですが、天皇賞(秋)2019までの走りが出来るならば、大本命であることは間違いないでしょう。

 さて、注目馬です。

 第一の注目馬は、6枠12番のアーモンドアイ。
 出てくる以上は「大本命」です。

 第二の注目馬は、1枠1番のラブズオンリーユー。
 5戦4勝・3着1回、オークス2019の優勝馬です。前走エリザベス女王杯G1は、ラッキーライラックの「復活」の前に3着に敗れましたが、良く走っていたと感じます。

 第三の注目馬は、3枠5番のプリモシーン。
 三番手は大混戦ですが、「乗れている」ミルコ・デムーロ騎手の手腕に期待します。

 サウンドキアラは「大外枠」を克服できるかどうか・・・。

 それにしても、全18頭の内9頭がディープインパクト産駒とは。
 「死してなお」、本当に凄い種牡馬です。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031