FC2ブログ
HOME   »  2020年07月19日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 無観客、あるいは観客数限定という形で、いくつかのスポーツイベントが再開されつつあるとはいえ、新型コロナウイルス禍のために、多くのイベントが延期・中止なっている時期は、撮り貯めた録画を自宅で楽しむのも良いようです。
 今回はワールドカップ2010南アフリカ大会の準決勝です。

[2010年7月7日・モーゼスマヒダスタジアム(ダーバン・南アフリカ)]
スペイン1-0ドイツ

 ユーロ2008を制し、「パスサッカー」を引っ提げてワールドカップ初優勝を目指すスペイン代表チームと、決勝トーナメント1回戦でイングランド代表チームを4-1、準々決勝でアルゼンチン代表チームを4-0と圧倒し、絶好調のドイツ代表チームが、激突したゲームでした。

 大袈裟に言えば、今後の「世界の覇権」を決めるゲームだったのです。

 スペインのパスサッカーの威力は、広く世界に認識されるようになっていましたが、一方で、ドイツの大きな大会における勝負強さは、より長い間世界サッカー界を席巻してきていましたから、この大舞台であればドイツの方が強いという見方も多かった、と記憶しています。

[スペインチームの先発メンバー]
1. GKカシージャス選手
2. DFセルヒオ・ラモス選手
3. ジェラール・ピケ選手
4. プジョル選手
5. カプテビラ選手
6. MFイニエスタ選手
7. セルヒオ・ブスケツ選手
8. シャビ・アロンソ選手
9. ペドロ選手
10. シャビ選手
11. FWビジャ選手

[ドイツチームの先発メンバー]
1. GKノイアー選手
2. ラーム選手
3. フリードリッヒ選手
4. メルテザッカー選手
5. ボアテング選手
6. トロホウスキ選手
7. サミ・ケディラ選手
8. シュヴァインシュタイガー選手
9. ポドルスキー選手
10. メスト・エジル選手
11. クローゼ選手

 ゲームは最初から、スペインチームのペースとなりました。
 「パスサッカー」が威力を発揮し、ドイツチームはボールを確保することさえ困難でした。

 スペインチームのダイレクトパスがビシビシと決まり、ドイツチームのプレーヤーは、ボールの行方を追いかけ続けてしまうことから、「心身の疲労」が蓄積されるという展開に観えました。

 一方で、局面に応じて柔軟に対応するという意味での決定力、を具備したフォワードFWプレーヤーが居ないスペインチームも、ペナルティエリア周辺まではボールを運びますが、「フィニッシュ」を決めることはなかなか出来ませんでした。
 この大会のスペインチームには、明らかに得点力が不足していたのです。
 もちろん、ドイツチーム「伝統」の堅守も、忘れてはなりませんけれども・・・。

 試合は0-0で後半に入りました。

 後半に入っても、スペインチームが概ねボールを保持し、ドイツチームはなかなかボールを奪えないという展開が続きました。
 「スペインパスサッカーの守備力」は、世界サッカー史上でも屈指の威力であろうと感じさせる展開が続きました。

 そして、ドイツチームに疲労の色が濃くなってきた後半28分過、ついにゲームが動きました。
 アンドレス・イニエスタ選手が左サイドを抉ってコーナーキックCKを得ます。
 このCKを蹴るのはシャビ選手。
 ドイツゴール正面向かってやや左側に大きなボールが放たれました。
 走り込んできたプジョル選手がヘディングシュート。
 これが見事にドイツゴールに突き刺さりました。

 このゴールが、このゲーム唯一の得点でした。

 このゲームは、終始スペインチームが支配しました。
 スペインチームの「パスサッカー」が完成したゲームであったと考えています。
 大会最強の攻撃力を具備していたドイツチームをも、完璧に抑え込んだのですから。

 その素晴らしい守備力は、ラウンド16、準々決勝、準決勝、そして決勝も「1-0」という、決勝トーナメント4試合連続の零封に、よく現れています。
 こうした形でのワールドカップ制覇は、空前絶後でしょう。
 
 シャビ選手、イニエスタ選手、シャビ・アロンソ選手、ブスケツ選手といったミッドフィールダーMFのみならず、ピケ選手、プジョル選手、セルヒオ・ラモス選手、カプテビラ選手といったディフェンダーDFも含めた、チーム全体としての素早く正確なパス回しは、ナショナルチームとしてなら、このスペインチームにしかできない、極めて高度なサッカーでしょう。

 間違いなく、世界サッカー史に「一時代を築いた」サッカーなのです。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031