FC2ブログ
HOME   »  2020年09月09日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 9月13日~27日、東京両国国技館を舞台に開催される、2020年大相撲9月場所の注目力士検討です。

 新型コロナウイルス禍の中で開催された7月場所では、帰り入幕・幕尻の照ノ富士が見事に優勝を飾りました。
 9月場所は、どのような展開になるのでしょうか。

 さて、注目力士です。

1. 横綱

 やはり、第一人者・白鵬に期待します。
 鶴竜を含めて、近時の横綱陣は「15日間取り切る」ことがなかなか出来なくなっていますが、9月場所では是非、元気なところを魅せていただきたいと思います。

2. 大関

 大関陣では、貴景勝の故障からの回復度合いがポイントとなります。
 相当良くなっているのではないかと思いますが、9月場所では朝乃山に注目したいと思います。
 「綱取りの足掛かりとなる場所」にして欲しいものです。

3. 関脇以下の力士

③関脇・正代
 2020年になって、前に出る圧力が増した印象です。体格・体力に恵まれた力士ですから、大関を目指して大勝ちして欲しいと思います。

④関脇・御嶽海
 このところ、11日目以降に疲れが見える感じがしますが、相撲戦法・戦術の上手さは、現役力士屈指でしょう。こちらも、大関取りを目指して、二桁勝ち星に期待します。

⑤霧馬山
 先場所は「上位の壁」に跳ね返されてしまいましたが、上位の取口にも慣れたことでしょう。足腰の良い力士ですから、そのスピード相撲で暴れまくって欲しいものです。

⑥大栄翔
 先場所、小結での11勝は、力が無ければ出来ない成績でしょう。関脇・小結が充実している今、ここから抜け出して行けるかどうかの試金石の場所となります。

⑦照ノ富士
 上位力士による研究が進む場所ですから、一番一番大変な取組が続くこととは思いますが、現在の勢いなら乗り切って行けそうです。大関復帰は、夢物語ではないのです。

⑧若隆景
 先場所は、帰り入幕で二桁勝利でした。思い切りの良い相撲に期待します。

⑨阿炎
 色々なことが有りましたが、力士を続けて行く以上、今場所は「元気の良い相撲」を取らなくてはならないのでしょう。活躍がとても楽しみです。

⑩豊昇龍
 大横綱・朝青竜とは少し違う取口ですが、足腰の良さは共通しているのでしょう。次代を担う力士の活躍に期待します。

 9月場所は、以上の10名の力士に注目します。

 もちろん、隠岐の海と遠藤の両小結にもとても期待しているのですが、枠が10しかありませんでしたので、今回は入りませんでした。

 「充実した土俵」が繰り広げられることでしょう。
スポンサーサイト



プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930