FC2ブログ
HOME   »  2020年10月03日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 例年通りの10月最初の日曜日、2020年10月4日、フランス・パリのロンシャン競馬場2,400m芝コースを舞台に、第99回凱旋門賞が行われます。

 今年のレースでは、「エネイブル号の3度目の制覇」がなるか否かに注目が集まっています。
 エネイブルは、3歳時の2017年と4歳時の2018年にこのレースを連覇していて、これだけでも史上最多勝であり、史上僅か3頭しか居ない「連覇馬」の1頭であると記憶していますが、2019年惜しくも2着に敗れたレースに続いて、2020年のレースでも「3勝目」に挑むこととなりました。

 6歳牝馬にして18戦15勝、G1レースを11勝という、既に世界競馬史にその名を刻む名牝ですが、先日のキングジョージ6世&クリーンエリザベスステークスに続いての史上初の3勝目を成し遂げることとなれば、「史上最強牝馬」と称される可能性も十分でしょう。(本ブログ2020年7月28日付記事「[競馬コラム274] エネイブル号G1レース11勝目!」をご参照羽ください)

 その歴史的な舞台である凱旋門賞2020=第99回凱旋門賞には、15頭が出走して来ました。
 「強い馬」が居る大レース、それも欧州の大レースとしては、随分多くの馬が挑んできたという印象があります。(先日のキングジョージ6世&クリーンエリザベスステークス2020は3頭立てでした。このレースはエネイブルが圧勝しています)
 各陣営の考え方としては、「エネイブルは強いが6歳馬、チャンスはある」ということなのでしょうか。万一、エネイブルが不調ということになれば大混戦、との見方もあるのでしょう。

 エネイブル以外の有力馬となると、これは多士彩々なのです。
 ペルシアンキング(牡4歳、12戦8勝、フランス)、サーペンタイン(牡3歳、英ダービー2020優勝馬、アイルランド)、モーグル(牡3歳、パリ大賞2020優勝馬)にチャンスがあると思いますが、その他の馬達との差は大きくはありません。

 我らがディアドラの挑戦にも注目です。
 エネイブルと同じ6歳牝馬。
 ロンシャン競馬場のゴール前200mにおける、エネイブルVSディアドラの叩き合いを観てみたいものです。

 さて、良馬場になることが、エネイブル3勝目のひとつのポイントとなります。

 第99回凱旋門賞には、どのような「絵」を魅せていただけるのでしょうか。
スポンサーサイト



 大相撲2020年9月場所は、関脇・正代の初優勝で幕を閉じました。
 新入幕・翔猿の活躍も素晴らしいものでした。

 さて、KaZブログでは、この2力士以外の大活躍力士を挙げてみたいと思います。
 9月場所を彩ってくれた、「優秀力士」たちです。
 番付順です。

① 隆の勝 西前頭筆頭 10勝5敗

 このところメキメキ力を付けている力士ですが、9月場所の相撲は見事なものでした。
 相手力士と「正対」し、相手の動きを観ながら押し、技を繰り出す取口は、あるようでなかなか無い、隆の勝独特のものでしょう。
 10日目の照ノ富士との取組などは、大向うを唸らせる内容でした。

 「正対」した後のスピードとパワーは、身長184cm・体重164㎏と、現在の幕ノ内なら普通の体格なのでしょうが、凄い威力を発揮します。
 三役はもちろんとして、大関・横綱も十分に狙える力士でしょう。

② 若隆景 西前頭8枚目 11勝4敗

 こちらも、このところ力を付けてきています。3月場所・西十両2枚目で10勝5敗、7月場所・西前頭14枚目で10勝5敗、そして今場所と、「3場所連続二桁勝利」も凄い記録でしょう。
 身長180cm・体重129㎏と、幕ノ内ならば小柄な部類に入るのでしょうが、その相撲の「巧さ」は特筆に値するでしょう。また、粘り強さも見事です。
 三役はもちろんとして、その上も十分に狙える逸材だと感じます。

③ 琴勝峰 東前頭12枚目 10勝5敗

 「柔らかな上半身」が持ち味です。
 7月場所の後半では、やや「勝ちたい気持ちが強過ぎて」、荒れた相撲になり、星を伸ばせませんでしたが、今場所はじっくりと構えて、とても良い相撲を取りました。
 21歳になったばかりの若手として、今後の角界を背負って行って欲しいものです。

④ 明瀬山 東十両10枚目 11勝4敗

 千代の国が優勝した十両でしたが、明瀬山は最後まで喰い付いていました。
 既に35歳の大ベテランですが、もともとしっかりとした型を身に付けていて、時折強い相撲を魅せてくれていたのですが、今場所は見事にその「強い相撲」を取り切りました。
 明瀬山にとっても、自身の力士キャリアで最高の場所だったのではないでしょうか。
 明瀬山の相撲は、観ていて本当に味わい深いものです。
 これからも「明瀬山の取口」を披露し続けていただきたいと思います。

 KaZブログでは、以上の4力士を「9月場所の優秀力士」にします。

 4力士には、面白い相撲を魅せていただき、ありがとうございました。
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031