FC2ブログ
HOME   »  2020年10月10日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 新型コロナウイルス禍の影響で、2020年4月から開催が延期されていたロンドンマラソン2020が10月4日に行われ、エリートの部(リアルに実施されたのはエリートの部の男女だけでした)の男子では、エチオピアのキタタ選手が優勝しました。

[10月4日・ロンドンマラソン・エリート男子]
1位 キタタ選手(エチオピア) 2時間5分41秒
2位 キプチュンバ選手(ケニア) 2時間5分42秒
3位 レンマ選手(エチオピア) 2時間5分45秒
4位 ゲレメウ選手(エチオピア) 2時間6分4秒
5位 ワシフン選手(エチオピア) 2時間6分8秒
6位 トラ選手(エチオピア) 2時間6分41秒
7位 キプルト選手(ケニア) 2時間6分42秒
8位 キプチョゲ選手(ケニア) 2時間6分49秒

 新型コロナウイルス感染症対策として、コースも例年のロンドン市街地を走るものでは無く、ロンドン中央部のセント・ジェームズ・パークに設けられた2.15kmのコースを周回する形で行われました。

 そして、キタタ選手、キプチュンバ選手、レンマ選手の激しい競り合いがゴール前まで続き、キタタ選手がキプチュンバ選手を振り切って、1秒差で優勝したのです。

 21世紀のマラソンの常として、今レースも「ケニアVSエチオピア」の構図となりましたが、今回はエチオピア勢が押し気味のレースとなりました。

 さて、ロンドンマラソン2020においては、ケニアのキプチョゲ選手が8位となりました。

 キプチョゲ選手が優勝できなかったレースを、直ぐには思い出せませんでした。
 「キプチョゲ選手は常に勝つ」というイメージがあったのです。

 調べてみました。
 キプチョゲ選手は、2013年5月のハンブルグマラソンで初戦を走り、以降ここまで、12走して優勝11回・2位が1回という、圧倒的な勝率を誇っていました。(リオデジャネイロ・オリンピック2016でも金メダル)
 特に、2014年4月のロッテルダムマラソン以降は「10連勝」中でしたから、ロンドンマラソン2020の8位は、7年振りの敗戦であり、初めての大敗だったのです。

 エリウド・キプチョゲ選手といえば、2018年9月のベルリンマラソン優勝時に世界最高記録(2時間1分39秒)を樹立し、現在でも世界記録保持者ですが、私にとっては「負けないマラソンランナー」としての印象の方が強いのです。

 マラソンランナーとしての力量が十分であることはもちろんとして、当日の自身の体調、相手ランナーの力量・タイプ、気象条件、等々を勘案してレース戦略を構築の上で、レースに臨み、「勝ち切る」という、当然ながら、世界のトップクラスを相手にしてのことですから、至難の業である勝利を確実にものにし続けてきたところが、本当に凄い。
 21世紀最強のマラソンランナーと言っても良いでしょう。

 思えば、かつてはこうした「高勝率を誇るマラソンランナー」が存在しました。

 ミュンヘン・オリンピックの金メダリスト、アメリカのフランク・ショーター選手は、1971年から75年にかけて、11走して8回優勝を飾りましたし、我が国でも、1977年から1988年までマラソンを走った瀬古利彦選手が、通算15走して10回の優勝を誇っています。
 こうしたトップランナーの皆さんは、マラソンを始めた頃と、キャリア終盤のレースを除くと、「走れば常に優勝」という印象のランナーだったのです。

 21世紀に入ってからは、こうした「極めて勝負強いランナー」は減りました。
 マラソンで、2位・3位に入ることはできても、優勝することがなかなか出来ないトップランナーが多くなったのです。(もちろん、マラソン競技自体のレベルが上がっているとの側面もあるのでしょうが)

 そうした中で、キプチョゲ選手は、20世紀の世界トップクラスのマラソンランナーに匹敵する、あるいは、それらをも優に超える勝率を誇る、素晴らしいアスリートなのです。

 そのキプチョゲ選手が8位に敗れた理由が、新型コロナウイルス禍の下でのトレーニング不足なのか、あるいは、さすがのキプチョゲ選手も35歳となって衰えが見えるのか・・・。

 それは、キプチョゲ選手の次のマラソンを観て、判断することなのでしょう。
スポンサーサイト



 先日、スーパーラグビーの主審を初めて女性が担ったという稿(9月11日付「[スーパーラグビー2020] 初の女性主審が笛!」)を書きましたが、その際に改めて、女子ラグビーワールドカップについて見直す機会を得ました。

 女子ラグビーワールドカップは、1991年に第1回大会が開催され、2017年まで「8回」を数えています。
 
・第1回1991年 優勝アメリカ 準優勝イングランド 開催国ウェールズ
・第2回1994年 優勝イングランド 準優勝アメリカ 開催国スコットランド
・第3回1998年 優勝ニュージーランド 準優勝アメリカ 開催国オランダ
・第4回2002年 優勝ニュージーランド 準優勝イングランド 開催国スペイン
・第5回2006年 優勝ニュージーランド 準優勝イングランド 開催国カナダ
・第6回2010年 優勝ニュージーランド 準優勝イングランド 開催国イングランド
・第7回2014年 優勝イングランド 準優勝カナダ 開催国フランス
・第8回2017年 優勝ニュージーランド 準優勝イングランド 開催国アイルランド

 こうして観てくると、ニュージーランドとイングランドが頭抜けた強さを魅せていることが分かります。

 大会開始後しばらくはアメリカとイングランドの優勝争いの時期があり、第3回にニュージーランドが優勝してからは、ニュージーランドの「4連覇」があり、その4連覇の内3回の準優勝がイングランドとなっていて、結果として、優勝回数ならば5回のニュージーランドと2回のイングランドとなり、準優勝ならばイングランドが5回と最多です。

 さすがに「ラグビーの母国」イングランドが強さを魅せているのですが、世界一となれば、「ラグビーが国技」のニュージーランドが勝っているという形です。

 その「最強」ニュージーランドチームも、2014年第6回大会では、予選プールBにおいてアイルランドチームに敗れ、決勝トーナメントに進出できませんでした。
 この大会でも本命視されていて、実際にとても強いチームだったのですが、やはり「何が起こるか分からない」のが世界大会なのでしょう。

 第9回大会は2021年に予定されています。
 開催国はニュージーランドです。女子ラグビーワールドカップが史上初めて南半球で開催される予定なのです。

 尚、2017年・第8回大会は、第7回から3年後に開催されていますが、これは「男子のワールドカップの中間年」に開催されることとなったからです。
 今後も、このローテーションが続くのでしょう。

 我らが日本代表チームは、1991年・第1回大会から参加しています。
 そして、第2回大会ではプールAでスウェーデンから、ワールドカップ初勝利を挙げました。
 その後は、なかなか本大会に出場できない時期が続きましたが、2017年の第8回大会に久し振りに登場しました。結果は、プールCで3戦全敗でしたけれども、日本女子ラグビー「復活」への手応えを感じさせる戦い振りでした。

 女子のラグビーワールドカップ2021ニュージーランド大会(史上初の南半球開催)が、とても楽しみです。

プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031