FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  ワールドシリーズ2014の行方
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 メジャー・リーグ・ベースボールMLBの2014年シーズンの掉尾を飾るワールドシリーズは、10月21日(日本時間22日)から始まります。

 アメリカンリーグALの覇者カンザスシティ・ロイヤルズKCとナショナルリーグNLの覇者サンフランシスコ・ジャイアンツSFの対戦です。両チームともワイルドカードから勝ち上がりました。
 また、たまたまですが略称がKCとSFと「アルファベット2文字のチーム」の対戦であることも、大変珍しいことです。MLB所属チームの略称は、ニューヨーク・ヤンキースならNYY、ボストン・レッドソックスならBOS、ロサンゼルス・ドジャースならLAD、セントルイス・カージナルスならSTLと3文字の球団が大半なのですが、今シリーズは2文字同士の対決=KCvsSFとなりました。

 さて、ワールドシリーズ2014の行方を検討してみましょう。

① スケジュール

 KCは8戦全勝でポストシーズンを勝ち上がり、10月15日にALチャンピオンシップ・シリーズCSを勝ち抜きました。SFは10戦8勝2敗で勝ち上がり、16日にNLCSを勝ち抜きました。両チームともCSを第6戦7戦まで縺れ込むことなく、KCは中5日、SFは中4日でワールドシリーズに臨むこととなります。

 両チームとも休養十分な形です。MLBのゲームスケジュールとしては、滅多にない十分な休養日が得られたことは両チームにとって大変大きなことです。故障個所があるプレーヤーは傷を癒し、調整したい部分があるプレーヤーは修正する時間が与えられるのです。加えて、投手陣にとっては本当に大きな休養期間です。先発ローテーションの再構築も出来ますし、毎試合の様に登板していたリリーフ陣にとっては恵の休養日となることでしょう。
 以上より、スケジュール面では両チームに大きな差は無いと見られますが、強いて言えば、「強力なブルペン」を保持するKCの方に、少し有利に働くかもしれません。7回以降を完璧に抑え込むブルペントリオにとって十分な休養となりますので。
 
② 接戦に持ち込めるかどうか。

 強力打線を持たないKCにとっては、ゲーム前半を接戦に持ち込めるかどうかがポイントとなります。この点はワールドシリーズ2014最大の注目ポイントとなります。

 いかに強力なブルペンを持つKCとはいっても、6回までにSFに大量リードを許す展開となれば、ブルペンを活かす機会がありません。そういう意味からは、KCの先発投手陣および素晴らしい守備陣が機能するかどうかがポイントとなります。

 一方のSFには強力で好調な打線が有ります。ポストシーズンに入ってからも多くのゲームで4得点以上を挙げていますし、カージナルスの強力投手陣を相手にしても3~6点を挙げています。特に「ビッグイニング」を創るのが上手い打線に見えます。

 集中打を許さないKC投手陣と集中打が得意なSF打線の戦いという一面もあります。

③ 勢いと経験

 KCは今ポストシーズンで無敗の8連勝、1985年から通算すると11連勝です。まさに「当たるべからざる勢い」と言えます。現在のKCの選手達は「負ける気がしない」のではないでしょうか。若いチームにとって、この勢いは大切です。
 こうした状況で、もし初戦を落とすようなことがあれば、一気に「夢から覚める」リスクはあるでしょう。

 ゲーム序盤で大量失点してしまったり、「打たれない」と信じていたリリーフ陣が逆転を許したりする展開が訪れた時、悪い流れを断ち切るような反発力、チームのムードを盛り返す精神的な支柱となるプレーヤーが存在するのかどうか、がポイントとなりそうです。

 一方のSFには、圧倒的な経験があります。2010年、2012年とワールドシリーズに進出したら必ず勝てるという自信と経験です。ボウチー監督の采配も含めて、現在のMLBにおいて突出した勝負強さです。不思議な程の強さと言って良いでしょう。この点では、SFの選手達は「ワールドシリーズは最終的には俺たちのもの」と考えているのではないでしょうか。

 こうしたSFにとっては、シリーズ序盤に接戦を演じて「打てずに最少得失点差で敗れる」ゲームが続くと、「これまでとは違う」と感じてしまうリスクがあるでしょう。1ゲーム位は落としても関係ない、いつでも逆転できると考えているチームが、1点差で連敗するようなら、焦りが生ずる怖れがあります。

 さて、以上の検討から占ってみましょう。

 ワールドシリーズ2014の行方について観れば、ジャイアンツが6分4分で有利と観ます。
 理由としては、

A. 打線の破壊力は明らかにジャイアンツの方が上ですので、ロイヤルズのホーム・カウフマンスタジアムで行われる初戦・第二戦のどちらかで、ジャイアンツが大量点で勝利を収めることがあれば、ロイヤルズは「連勝の夢から覚めて」自分たちのゲームが出来なくなる怖れがあること。

B. 両チームの先発投手陣は概ね互角と観ますが、SFには大黒柱のバムガーナ―投手が居ます。大試合では大黒柱の存在が数字以上に大切です。バムガーナ―投手の分だけ、SF先発投手陣の方が上だと思います。

 いろいろと勝手なことを書きましたが、好調の両チームが対戦する以上、当然ながら接戦が予想されます。接戦の中で、少しジャイアンツに分があるように思うのです。
 若くて、ワールドシリーズの経験が十分ではないロイヤルズにとっては、地元での初戦と第二戦がとても大事です。ここで自分達のゲームを展開できれば、このシリーズは互角の戦いとなるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
KaZブログが1000記事に到達
NEW Topics
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
[FIFAワールドカップ1978決勝] アルゼンチンチーム 初優勝
[競馬(無観客)] 桜花賞2020の注目馬
Entry TAG
ワールドシリーズ2014の行方  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031