FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [欧州サッカー] ACミラン本田選手が覚醒したのは、イタリア語が話せるようになったから?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 10月21日時点で今季リーグ開幕から7ゲームで6得点と、セリエAの得点ランクトップに立っている本田圭佑選手の大活躍の様子は、我が国にも広く報じられています。

 2014年1月にACミラン入りしてから、昨季終了までの本田選手とは見違えるばかりの得点力アップについては、真剣な分析や冗談めいたものまで、多くの論評がなされています。
 「昨季は弟が来ていた。今季は本人が来ている。」といった話は、本田選手の活躍と共に好ましいジョークとして、イタリアで喧伝されているようです。

 そして10月21日の日刊スポーツのネット配信記事として、ACミラン幹部のウンベルト・ガンディーニ氏のインタビューが報道されました。

 ガンディーニ氏は、ワールドカップ・ブラジル大会後のチームとの合流から、本田選手は大きく変わったと指摘し、「イタリア語を真剣に勉強した。・・・・以前は英語を少し話すだけだった。(チームメイトやチーム関係者は)誰も日本語は理解できないから、環境に入り込むのが難しかった。今は、できるだけイタリア語を話そうとしているし、チームの中に自ら入り込もうとしている。今の本田こそが、我々がしばらくの間モニターした末に、獲得したいと考えていた選手そのものだ。・・・・問題の一番大きな部分は言葉だった・・・・。」とコメントしています。

 本田選手の今季の活躍は、本田選手がイタリア語を勉強し、チームメイトや関係者とのコミュニケーションを改善するための努力を継続し、チームに溶け込もうとしたことから生まれたという指摘です。

 ガンディーニ氏は続けます。
 「彼(本田)の性格は他の日本人より閉鎖的だ。それに、とても内気だ。しかし、イタリアのメンタリティーに完全に入り込まなければならないことを理解したのだろう。チームメイトとの関係をみても、とても努力している。それによって、すべてがうまくいくようになっている。」と。

 ただでさえ控えめとされている日本人の中でも、本田選手が閉鎖的な性格であり、とても内気であるとの指摘は、常に「ビッグマウス(大口叩き)」と呼ばれる本田選手のイメージとは異なるものですが、核心を付いているのかもしれません。
 
 本田選手が時間をかけてイタリア語を学び、チームメイト・関係者とのコミュニケーションを良化することにより、好成績を残すことが出来るようになったという指摘は、海外のメジャーなスポーツリーグで戦おうとする日本人アスリートにとって貴重な指摘なのでしょう。
 もっと言えば、スポーツに限らずあらゆる分野において海外で活躍しようとすれば、肝に銘じておかなければならない事なのかもしれません。

 そのこと自体には「なるほど」と感じますが、ひとつ疑問というか不思議に感じることがあります。

 それは、サッカー日本代表の外国人監督の中に、日本語が堪能であった人は居ないという点です。ハンス・オフト監督、フィリップ・トルシエ監督、ジーコ監督、アルベルト・ザッケローニ監督らを思い浮かべると、日本語でインタビューに答えていた記憶はありません。
 それどころか、片言の日本語さえ容易には扱えなかった感じです。

 「サッカーは世界の言葉」だと言われます。言葉が通じない者同士でも、直ぐにプレーできるスポーツであり、サッカーには言葉は必要ないと言ったニュアンスで語られることもあります。
 これはこれで、ひとつの概念なのでしょう。

 しかし翻って、頭書の本田選手活躍の最大要因がイタリア語の習得であったという指摘との整合性が、気になります。
 「プレーヤーは現地語に習熟する必要があるが、監督は現地語を話せなくても良い」という理屈というか考え方は、到底通りそうもありません。

 日本代表チームの練習風景の中で、通訳を通じて選手達に指示が出ている様子が報じられます。通訳を通じてよりも、自らの言葉で指示を出した方がより効果的なことは間違いなさそうです。

 サッカー先進国から、今後も沢山の監督が日本にやってくることでしょう。その方々が保持しているノウハウは、とても大切なものであり、日本サッカーの強化にとって欠くべからざるものなのでしょう。であれば、日本語でそのノウハウを伝え、展開していただいた方が一層効果が上がるように感じるのは、私だけでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] 菊花賞2014 注目馬
NEW Topics
[全日本卓球選手権2020・男子] シングルスは宇田幸矢選手が優勝
[全日本卓球選手権2020・女子] 早田ひな選手が2冠
[bリーグ・オールスターゲーム2020] 定着
[U-23アジア選手権2020タイ大会] 日本代表チーム 最下位でグループリーグ敗退
[NFL2019~20ポストシーズン] ディビジョナル・ゲーム
[全国高校サッカー2019~20・決勝] 静岡学園チーム 逆転で勝利
[大相撲2020・1月場所] 3日目を終えて 大波乱の土俵
[MLB2019オフシーズン] 秋山翔吾選手 シンシナティ・レッズ入り
[全国高校ラグビー2019~20・決勝] 桐蔭学園チーム 悲願の単独優勝!
[大相撲2020・1月場所・初日] 炎鵬関の人気
[全国大学ラグビー決勝2020] 早稲田大学チーム 16度目の優勝
[PGA2019~20・トーナメントオブチャンピオンズ2020] ジャスティン・トーマス選手がプレーオフを制して優勝
[卓球2020] 東京オリンピック2020の代表決まる。
[NFL2019~20・ワイルドカード] ロースコアの激戦 ペイトリオッツも敗退
[競馬コラム250・ばんえい競馬2020] ホクショウマサル号 30連勝の日本新記録
[大相撲2020・1月場所] 活躍が期待される10名の力士
[NPB2019シーズンオフ] 2020年シーズンに向けて「複数年」の大型契約更改
[箱根駅伝2020] 1年生ランナーの活躍
[箱根駅伝2020] 青山学院大学チーム 5度目の優勝
[箱根駅伝2020・往路] 好コンディション and 好タイム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20] エル・クラシコ 17年振りのスコアレスドロー
2020年のスポーツ界展望
2019年のエムウェーブと横浜国際総合競技場
[サッカー天皇杯2020] 決勝進出の2チーム
[2019年を振り返って-8・RWC43] 日本VSスコットランド 栄光のフィフティーン
[2019年を振り返って-7・RWC42] 日本VSアイルランド 栄光のフィフティーン
[2019年を振り返って-6・大相撲] 照ノ富士 関取に返り咲く
[競馬] ホープフルステークス2019の注目馬
[2019年を振り返って-5・世界陸上] 黄色いスパイクシューズ
[2019.年を振り返って-4・MLBイチロー引退-5] 「月間50安打」を4度!
[全日本フィギュア2019] 若手の成長
[箱根駅伝2020] 活躍が期待される10チーム
[2019年を振り返って-3・MLB] 大谷翔平選手 トミージョン手術からのリハビリを完了
[UEFA-CL2019~20] 大混戦だったグループG
[UEFA-CL2019~20] グループHの死闘
[2019年を振り返って-2・J1] 横浜F・マリノス 15年振りの優勝
[競馬] 有馬記念2019の注目馬
[UEFA-CL2019~20] ネイマール選手の復帰
[2019年を振り返って-1] 大坂なおみ選手 再びコーチを交替
[競馬コラム249・朝日杯FS2019] サリオス号の「速い二の脚」
[ラグビーワールドカップ2019-41] アダム・ヘイスティングス選手
[プレミアリーグ2019~20] 南野拓実選手がリバプールへ移籍?
[MLB2019オフシーズン] エンゼルスがアンソニー・レンドン選手と7年契約
[競馬コラム248・阪神JF2019] 「飛んだ」 レシステンシア号
[NBA2019~20] レギュラーシーズン序盤戦
[競馬] 朝日杯フューチュリティステークス2019の注目馬
[全日本アイスホッケー2019] 栃木日光アイスバックス 優勝!
[スキージャンプ/フィギュアスケート2019] 次代を担う 2人の「佐藤」選手
[ISU-GPファイナル2019] フィギュアスケート競技のこれから
[ISU-GPファイナル2019] 素敵な「負けず嫌い」 羽生結弦選手
Entry TAG
本田圭佑選手の活躍とイタリア語  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031