FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2014-WS] 第3戦 好守の応酬
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1勝1敗を受けてのMLBワールドシリーズWS第3戦は、10月24日サンフランシスコ・ジャイアンツSFのホーム・AT&Tパークで行われました。
 結果は3-2でカンザスシティ・ロイヤルズKCが勝ちましたが、拮抗した内容の素晴らしいゲームでした。

 特に、両チームの「守り合い」は見所十分でした。

① 先発・SFハドソン投手とKCガスリー投手の投げ合い

 39歳のハドソン投手は、初のワールドシリーズ登板。前日の記者会見では「私のキャリアで最高のゲームだ。思ったより自分は冷静だ。」と気合十分で好調なことを強調していました。1回と6回に2ベースヒットがらみで失点しましたが、低めを丁寧に突く投球にMLBでの長い経験が感じられました。

 一方のガスリー投手も35歳のベテラン。特別に球威の有るボールを持っているわけではないのですが、持ち味である「微妙にタイミングを外す投球」が活きていました。こちらは5回まで零封、6回に1失点したところで交代となりましたが、レギュラーシーズンでも滅多に見られない好投でした。
 この大舞台で持てる力を全て発揮したという感じがします。

② 内野守備

 両チームの2塁手、SFのパニック選手とKCのインファンテ選手のプレーは秀逸でした。新人のパニック選手とベテランのインファンテ選手と、対照的なキャリアの2人ですが、さすがにワールドシリーズ進出チームのセカンドフィールダーです。
特にインファンテ選手は、若いチームであるKCにあって唯一のシリーズ経験野手ですが、攻守にチームを牽引する活躍が目立ちます。

 他のプレーヤー、KCの捕手ペレス選手の盗塁を阻止した送球やSF三塁手サンドバル選手・KCの遊撃手エスコバー選手の素手で打球を捕っての一塁送球等々、好プレーの連続。「ワールドシリーズ・クオリティ」が感じられました。

 特に際立っているのは両チームのキャッチャーでしょう。SFのポージー選手とKCのペレス選手は、そのキャッチングの上手さ、ピッチャーとのコミュニケーション能力等々、極めて高いレベルのキャッチャーだと感じます。
 ワールドシリーズに進出するチームのホームベースを守るには、このレベルが必要なのでしょう。

③ 外野守備

 定評の有るKCケイン選手(このゲームではライトフィールダー)は相変わらず素晴らしいキャッチを魅せました。一方SFのライト、ペンス選手も快足を飛ばして好捕、KCの守備力が高く評価されているシリーズですが、「守備でも負けない」というSFの意地を示したというところでしょうか。

 ゲームは5回まで、KCが1-0でリードする息詰まるような投手戦でしたが、6回に動きました。6回表KCが2点を挙げて3-0とリードするものの、6回裏SFも2点を返して2-3と再び1点差となりました。
 両先発投手は共に6回途中で降板、ここからはブルペン勝負となりました。

 KCは6回途中からヘレラ投手を投入、「ヘレラ→デービス→ホランドの勝利の方程式」が、このゲームでも見られるかと思いましたが、今日は7回途中にフィネガン投手が登板し、見事に役割期待に応えました。
 ヘレラ投手の2試合続けての2イニングを跨いだ投球の負担を減らすと共に、3人の右腕に1人のルーキー左腕が加わった形で、KCの勝利の方程式に「新しい変数」が追加され、強化された形でしょう。

 8回裏のデービス投手、9回裏のホランド投手のピッチングは完璧でした。

 29年振りのポストシーズン進出直後、延長戦に次ぐ延長戦で勝ち進んできたKCの「競り合いになればロイヤルズペース」という流れは、ワールドシリーズに入っても健在のようです。

 一方、2010年代のワールドシリーズで2度の世界一となり、今シリーズで3度目の制覇を狙う「時代の最強チーム」ジャイアンツとしては、初戦を7-1で制した時には「このシリーズも俺たちのもの」というムードが高まりましたが、地元に戻っての緒戦・第3戦で「完璧なロイヤルズペースのゲーム」を喫してしまいました。

 おそらくジャイアンツのプレーヤー・ベンチは、2010年・2012年のシリーズとは異なる空気を感じていることでしょう。
 「勝ち慣れているチーム」が、こうした空気をどのように破って行くのか、ロイヤルズがこのままペースを掴み押し切るのか、ワールドシリーズ2014は佳境を迎えました。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[NFL2014~2015] どうしたシアトル・シーホークス
NEW Topics
[全日本卓球選手権2020・女子] 早田ひな選手が2冠
[bリーグ・オールスターゲーム2020] 定着
[U-23アジア選手権2020タイ大会] 日本代表チーム 最下位でグループリーグ敗退
[NFL2019~20ポストシーズン] ディビジョナル・ゲーム
[全国高校サッカー2019~20・決勝] 静岡学園チーム 逆転で勝利
[大相撲2020・1月場所] 3日目を終えて 大波乱の土俵
[MLB2019オフシーズン] 秋山翔吾選手 シンシナティ・レッズ入り
[全国高校ラグビー2019~20・決勝] 桐蔭学園チーム 悲願の単独優勝!
[大相撲2020・1月場所・初日] 炎鵬関の人気
[全国大学ラグビー決勝2020] 早稲田大学チーム 16度目の優勝
[PGA2019~20・トーナメントオブチャンピオンズ2020] ジャスティン・トーマス選手がプレーオフを制して優勝
[卓球2020] 東京オリンピック2020の代表決まる。
[NFL2019~20・ワイルドカード] ロースコアの激戦 ペイトリオッツも敗退
[競馬コラム250・ばんえい競馬2020] ホクショウマサル号 30連勝の日本新記録
[大相撲2020・1月場所] 活躍が期待される10名の力士
[NPB2019シーズンオフ] 2020年シーズンに向けて「複数年」の大型契約更改
[箱根駅伝2020] 1年生ランナーの活躍
[箱根駅伝2020] 青山学院大学チーム 5度目の優勝
[箱根駅伝2020・往路] 好コンディション and 好タイム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20] エル・クラシコ 17年振りのスコアレスドロー
2020年のスポーツ界展望
2019年のエムウェーブと横浜国際総合競技場
[サッカー天皇杯2020] 決勝進出の2チーム
[2019年を振り返って-8・RWC43] 日本VSスコットランド 栄光のフィフティーン
[2019年を振り返って-7・RWC42] 日本VSアイルランド 栄光のフィフティーン
[2019年を振り返って-6・大相撲] 照ノ富士 関取に返り咲く
[競馬] ホープフルステークス2019の注目馬
[2019年を振り返って-5・世界陸上] 黄色いスパイクシューズ
[2019.年を振り返って-4・MLBイチロー引退-5] 「月間50安打」を4度!
[全日本フィギュア2019] 若手の成長
[箱根駅伝2020] 活躍が期待される10チーム
[2019年を振り返って-3・MLB] 大谷翔平選手 トミージョン手術からのリハビリを完了
[UEFA-CL2019~20] 大混戦だったグループG
[UEFA-CL2019~20] グループHの死闘
[2019年を振り返って-2・J1] 横浜F・マリノス 15年振りの優勝
[競馬] 有馬記念2019の注目馬
[UEFA-CL2019~20] ネイマール選手の復帰
[2019年を振り返って-1] 大坂なおみ選手 再びコーチを交替
[競馬コラム249・朝日杯FS2019] サリオス号の「速い二の脚」
[ラグビーワールドカップ2019-41] アダム・ヘイスティングス選手
[プレミアリーグ2019~20] 南野拓実選手がリバプールへ移籍?
[MLB2019オフシーズン] エンゼルスがアンソニー・レンドン選手と7年契約
[競馬コラム248・阪神JF2019] 「飛んだ」 レシステンシア号
[NBA2019~20] レギュラーシーズン序盤戦
[競馬] 朝日杯フューチュリティステークス2019の注目馬
[全日本アイスホッケー2019] 栃木日光アイスバックス 優勝!
[スキージャンプ/フィギュアスケート2019] 次代を担う 2人の「佐藤」選手
[ISU-GPファイナル2019] フィギュアスケート競技のこれから
[ISU-GPファイナル2019] 素敵な「負けず嫌い」 羽生結弦選手
[大学駅伝男子2019~20] かつてない大混戦
Entry TAG
ワールドシリーズ2014・第3戦の激闘  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031