FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFL2014~2015] どうしたシアトル・シーホークス
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今季NFLも第7週を終了し、各チームの好不調が観えて来ました。

 AFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)の東地区は、ペイトリオッツ、北地区はレイブンズ、南地区はコルツが、共に5勝2敗で首位を走っています。そして西地区は、ブロンコスが5勝1敗でトップ。
 AFCは、シーズン前の予想で有力視されていたチームが順当に勝ち星を重ねている形でしょう。

 2位以下のチームでは、西地区のチャージャーズが5勝2敗の好成績で2位に付けています。2013年が9勝7敗、2012年が7勝9敗でしたから、今季の好調ぶりが目立ちます。もともと、クオーターバックQBフィリップ・リバースを中心としたパスオフェンスのチームでしたし、その攻撃力には定評があるところでしたが、今季は一段と強力です。第7週を終えてリバースのQBレートは113という高い数値。絶好調と言えるでしょう。

 そして、同じ西地区のチーフスの戦い振りにも注目したいと思います。ここまで3勝3敗の3位ですが、ゲーム内容は高いレベルにあると感じます。QBアレックス・スミスのプレー振りも堅実(QBレート91)であり、持ち前のランオフェンスが機能しています。ベテランランニングバックRBジャマール・チャールズと若手RBナイル・テービスのコンビは、今後一層威力を増すのではないでしょうか。
 現在首位を走るブロンコスも、決して油断できない西地区だと思います。

 一方のNFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)の東地区はカウボーイズが6勝1敗で首位、北地区はライオンズとパッカーズが5勝2敗で並走、南地区はパンサーズが3勝3敗でトップ、西地区はカーデジナルスが5勝1敗でトップをキープしています。

 2位以下のチームでは、東地区のイーグルスに注目しています。ようやくチームに馴染んできた感のあるQBニック・フォールズを中心としたランオフェンスが強力です。エースRBルショーン・マッコイと一回あたりの走破距離が長いダレン・スプロールズのコンビは絶妙だと感じます。特に、今季のスプロールズの走りは、観ていてとても楽しいもので、ベテランの持ち味が存分に発揮されていると思います。

 こうした状況下、気になるのはNFC西地区のシアトル・シーホークスでしょうか。
 ここまで3勝3敗で3位に付けていますが、前季のスーパーボールチャンピオンとしては今ひとつのゲーム内容です。

 レギュラーシーズン初戦でパッカーズ相手に36-16で快勝した時には、今季も走るかと思われました。
 ところが、第2戦アウェイのチャージャーズ戦で21-30で完敗。第3戦のブロンコス戦では26-20でQBペイトン・マニング率いるブロンコスに、今季ここまでで唯一の負けを付けましたので、第2戦はポカだったのかなと思わせました。
 再びところが、第5戦のカウボーイズ戦23-30、第6戦のラムズ戦で26-28と連敗を喫してしまったのです。

 まだ、第7週、6ゲームを消化しただけ、残る10ゲームを全勝すれば13勝3敗だろう、というご意見もあろうかとは思いますが、前季13勝3敗で西地区を制した時に、前半は1敗で走ったことと比較すると、「負け過ぎ」の感は否めません。
 そして、「接戦を落としている」ことが気になります。

 ご承知のようにシーホークスと言えば、時代の最先端を行く「モバイルQB」ラッセル・ウィルソンを中心とした強力なオフェンスが持ち味です。特に、RBマショーン・リンチにQBウィルソン自身のランをも交えたランオフェンスは、抜群の得点力を保持している筈です。

 しかし、今季のここまでの6ゲームの総得点は169、1ゲーム平均26.5点と、シーホークスにしては「とても物足りない水準」です。加えて、カウボーイズ戦の7点差負け、ラムズ戦の2点差負けと、「あと1TD」が取れないのです。
 「実は超強力なランディフェンス」を背景として、「競り合いに強かったシーホークス」が影を潜めています。

 シーホークスが、このまま勝ち負けを繰り返していくとは思いませんが、早急な立て直しが必要なことは間違いないでしょう。なにしろ西地区には49ers、カージナルスといった強豪チームが犇めいているのですから。

 NFL2014~2015も、素晴らしく凄まじいゲームの連続です。
 NFLは今日も元気一杯なのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[欧州サッカー] バイエルン CLで7-1と大勝
NEW Topics
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
Entry TAG
どうしたシアトル・シーホークス  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930