FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFL2014~2015] どうしたシアトル・シーホークス
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今季NFLも第7週を終了し、各チームの好不調が観えて来ました。

 AFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)の東地区は、ペイトリオッツ、北地区はレイブンズ、南地区はコルツが、共に5勝2敗で首位を走っています。そして西地区は、ブロンコスが5勝1敗でトップ。
 AFCは、シーズン前の予想で有力視されていたチームが順当に勝ち星を重ねている形でしょう。

 2位以下のチームでは、西地区のチャージャーズが5勝2敗の好成績で2位に付けています。2013年が9勝7敗、2012年が7勝9敗でしたから、今季の好調ぶりが目立ちます。もともと、クオーターバックQBフィリップ・リバースを中心としたパスオフェンスのチームでしたし、その攻撃力には定評があるところでしたが、今季は一段と強力です。第7週を終えてリバースのQBレートは113という高い数値。絶好調と言えるでしょう。

 そして、同じ西地区のチーフスの戦い振りにも注目したいと思います。ここまで3勝3敗の3位ですが、ゲーム内容は高いレベルにあると感じます。QBアレックス・スミスのプレー振りも堅実(QBレート91)であり、持ち前のランオフェンスが機能しています。ベテランランニングバックRBジャマール・チャールズと若手RBナイル・テービスのコンビは、今後一層威力を増すのではないでしょうか。
 現在首位を走るブロンコスも、決して油断できない西地区だと思います。

 一方のNFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)の東地区はカウボーイズが6勝1敗で首位、北地区はライオンズとパッカーズが5勝2敗で並走、南地区はパンサーズが3勝3敗でトップ、西地区はカーデジナルスが5勝1敗でトップをキープしています。

 2位以下のチームでは、東地区のイーグルスに注目しています。ようやくチームに馴染んできた感のあるQBニック・フォールズを中心としたランオフェンスが強力です。エースRBルショーン・マッコイと一回あたりの走破距離が長いダレン・スプロールズのコンビは絶妙だと感じます。特に、今季のスプロールズの走りは、観ていてとても楽しいもので、ベテランの持ち味が存分に発揮されていると思います。

 こうした状況下、気になるのはNFC西地区のシアトル・シーホークスでしょうか。
 ここまで3勝3敗で3位に付けていますが、前季のスーパーボールチャンピオンとしては今ひとつのゲーム内容です。

 レギュラーシーズン初戦でパッカーズ相手に36-16で快勝した時には、今季も走るかと思われました。
 ところが、第2戦アウェイのチャージャーズ戦で21-30で完敗。第3戦のブロンコス戦では26-20でQBペイトン・マニング率いるブロンコスに、今季ここまでで唯一の負けを付けましたので、第2戦はポカだったのかなと思わせました。
 再びところが、第5戦のカウボーイズ戦23-30、第6戦のラムズ戦で26-28と連敗を喫してしまったのです。

 まだ、第7週、6ゲームを消化しただけ、残る10ゲームを全勝すれば13勝3敗だろう、というご意見もあろうかとは思いますが、前季13勝3敗で西地区を制した時に、前半は1敗で走ったことと比較すると、「負け過ぎ」の感は否めません。
 そして、「接戦を落としている」ことが気になります。

 ご承知のようにシーホークスと言えば、時代の最先端を行く「モバイルQB」ラッセル・ウィルソンを中心とした強力なオフェンスが持ち味です。特に、RBマショーン・リンチにQBウィルソン自身のランをも交えたランオフェンスは、抜群の得点力を保持している筈です。

 しかし、今季のここまでの6ゲームの総得点は169、1ゲーム平均26.5点と、シーホークスにしては「とても物足りない水準」です。加えて、カウボーイズ戦の7点差負け、ラムズ戦の2点差負けと、「あと1TD」が取れないのです。
 「実は超強力なランディフェンス」を背景として、「競り合いに強かったシーホークス」が影を潜めています。

 シーホークスが、このまま勝ち負けを繰り返していくとは思いませんが、早急な立て直しが必要なことは間違いないでしょう。なにしろ西地区には49ers、カージナルスといった強豪チームが犇めいているのですから。

 NFL2014~2015も、素晴らしく凄まじいゲームの連続です。
 NFLは今日も元気一杯なのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[欧州サッカー] バイエルン CLで7-1と大勝
NEW Topics
[全日本卓球選手権2020・女子] 早田ひな選手が2冠
[bリーグ・オールスターゲーム2020] 定着
[U-23アジア選手権2020タイ大会] 日本代表チーム 最下位でグループリーグ敗退
[NFL2019~20ポストシーズン] ディビジョナル・ゲーム
[全国高校サッカー2019~20・決勝] 静岡学園チーム 逆転で勝利
[大相撲2020・1月場所] 3日目を終えて 大波乱の土俵
[MLB2019オフシーズン] 秋山翔吾選手 シンシナティ・レッズ入り
[全国高校ラグビー2019~20・決勝] 桐蔭学園チーム 悲願の単独優勝!
[大相撲2020・1月場所・初日] 炎鵬関の人気
[全国大学ラグビー決勝2020] 早稲田大学チーム 16度目の優勝
[PGA2019~20・トーナメントオブチャンピオンズ2020] ジャスティン・トーマス選手がプレーオフを制して優勝
[卓球2020] 東京オリンピック2020の代表決まる。
[NFL2019~20・ワイルドカード] ロースコアの激戦 ペイトリオッツも敗退
[競馬コラム250・ばんえい競馬2020] ホクショウマサル号 30連勝の日本新記録
[大相撲2020・1月場所] 活躍が期待される10名の力士
[NPB2019シーズンオフ] 2020年シーズンに向けて「複数年」の大型契約更改
[箱根駅伝2020] 1年生ランナーの活躍
[箱根駅伝2020] 青山学院大学チーム 5度目の優勝
[箱根駅伝2020・往路] 好コンディション and 好タイム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20] エル・クラシコ 17年振りのスコアレスドロー
2020年のスポーツ界展望
2019年のエムウェーブと横浜国際総合競技場
[サッカー天皇杯2020] 決勝進出の2チーム
[2019年を振り返って-8・RWC43] 日本VSスコットランド 栄光のフィフティーン
[2019年を振り返って-7・RWC42] 日本VSアイルランド 栄光のフィフティーン
[2019年を振り返って-6・大相撲] 照ノ富士 関取に返り咲く
[競馬] ホープフルステークス2019の注目馬
[2019年を振り返って-5・世界陸上] 黄色いスパイクシューズ
[2019.年を振り返って-4・MLBイチロー引退-5] 「月間50安打」を4度!
[全日本フィギュア2019] 若手の成長
[箱根駅伝2020] 活躍が期待される10チーム
[2019年を振り返って-3・MLB] 大谷翔平選手 トミージョン手術からのリハビリを完了
[UEFA-CL2019~20] 大混戦だったグループG
[UEFA-CL2019~20] グループHの死闘
[2019年を振り返って-2・J1] 横浜F・マリノス 15年振りの優勝
[競馬] 有馬記念2019の注目馬
[UEFA-CL2019~20] ネイマール選手の復帰
[2019年を振り返って-1] 大坂なおみ選手 再びコーチを交替
[競馬コラム249・朝日杯FS2019] サリオス号の「速い二の脚」
[ラグビーワールドカップ2019-41] アダム・ヘイスティングス選手
[プレミアリーグ2019~20] 南野拓実選手がリバプールへ移籍?
[MLB2019オフシーズン] エンゼルスがアンソニー・レンドン選手と7年契約
[競馬コラム248・阪神JF2019] 「飛んだ」 レシステンシア号
[NBA2019~20] レギュラーシーズン序盤戦
[競馬] 朝日杯フューチュリティステークス2019の注目馬
[全日本アイスホッケー2019] 栃木日光アイスバックス 優勝!
[スキージャンプ/フィギュアスケート2019] 次代を担う 2人の「佐藤」選手
[ISU-GPファイナル2019] フィギュアスケート競技のこれから
[ISU-GPファイナル2019] 素敵な「負けず嫌い」 羽生結弦選手
[大学駅伝男子2019~20] かつてない大混戦
Entry TAG
どうしたシアトル・シーホークス  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031