FC2ブログ
HOME   »   大相撲  »  [大相撲] 11月場所 活躍が期待される力士
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 大相撲11月場所は、11日から始まります。新横綱日馬富士が横綱として、どのような取り口をみせるのか、注目です。
 さて、場所前の恒例として、今場所活躍しそうな力士を考えてみます。

1. 基準とする考え方
① 横綱・大関との対戦の有無→去る9月場所は、3大関が早々に休場しましたので、いつもの場所とは異なる形になりました。前頭8枚目の隠岐の海、同9枚目の高安、同11枚目の旭天鵬まで大関戦が組まれましたので、あまり参考になりませんが、前頭東4枚目で横綱・大関戦3取組、西4枚目で同1取組でしたので、今場所は前頭4枚目までは横綱・大関戦有り、5枚目以下は無しとします。
② 番付が大きく下がった力士は戦いやすく、大きく上がった力士、特に①のラインを越えて上がった力士は、中々勝ち星を積み上げにくいことになります。

2. 優勝争い
 先場所と同様に、白鵬と日馬富士の優勝争いとみるのが妥当でしょう。
 横綱白鵬は、2場所連続で優勝を逃したとはいえ、いずれも準優勝で、千秋楽まで優勝争いをしていますから、安定感は抜群です。
 一方、新横綱日馬富士は、2場所連続全勝優勝の後も元気いっぱい。稽古場での良い動きが報じられています。とはいえ、横綱就位に関する沢山の行事への参加の負担を考えれば、先場所に比べて稽古不足はいたしかたないところ。両横綱の比較では、今場所は、やや白鵬に分があると考えます。
 但し、このところ優勝を逃している白鵬と新横綱日馬富士ですので、両横綱以外から優勝力士が出る可能性は、先場所より高いと思います。

3. 大関陣
 大関陣の中で最も期待できる力士を観てみましょう。先場所休場した3大関の回復状況についての詳細な情報はありませんので、休場しなかった稀勢の里と鶴竜を候補とします。大関の地位にようやく慣れてきて、先場所11勝を挙げた鶴竜に安定感を感じますが、日本人力士を代表する稀勢の里の気迫も楽しみです。
 難しいところですが、昨年大関昇進を決めたゲンの良い11月場所ということで、稀勢の里に期待したいと思います。日本人横綱誕生への足掛かりとなる準優勝レベルの活躍が望まれます。
 
4. 好成績が期待できる力士
・妙義龍
 先場所は、初の関脇で少し家賃が高いかなと思いましたが、堂々の10勝。このところの安定感と技能の高さは、次代のエースという感じです。故障なく取れれば、引き続き好成績が期待できます。
・豊ノ島 
 3場所連続の負け越しで、前頭6枚目まで下がりました。最近の取り口は重心が高く、得意の粘り強い取り口が展開できないでいますが、地力は三役クラス。ライバルの豪栄道や栃煌山が三役・上位で頑張っています。横綱・大関戦の無い番付ですから、久しぶりの大勝に期待しています。
・臥牙丸
 先場所は、前頭二枚目で4勝11敗。上位の壁に跳ね返された形です。横綱・大関戦は、2勝(1不戦勝)5敗。今場所は、横綱・大関戦が無い7枚目まで下がりました。7月場所・7枚目で10勝5敗、1月場所・10枚目で12勝3敗でしたから、活躍が期待できます。
・常幸龍
 史上最短の9場所で幕内に上がった、佐久間山あらため常幸龍。その新人離れした取り口は迫力十分です。幕内下位で対戦が予想される力士は、十両で取組経験がある相手が多いので、土俵上で怯むことなく戦えるでしょう。昇り龍の勢いに期待します。

5. 好成績の可能性がある力士
・高安
 先場所は前頭9枚目で10勝5敗の好成績。4枚目に上がりました。横綱・大関戦が組まれると思いますが、実は先場所も大関日馬富士との取組が組まれた上での成績でした。伸び盛りの勢いに期待します。
・安美錦
 先場所は前頭4枚目で10勝 5敗の好成績。小結に上がりました。先場所は3人の横綱・大関との取組で、稀勢の里に勝ち、白鵬・鶴竜に敗れて1勝2敗。今場所は全7人との取組が組まれると思いますが、横綱・大関と互角にやれるのが安美錦の良いところ。ケガから回復途上の大関が相手であれば、白星の積み上げも期待できます。
・栃煌山
 先場所は前頭5枚目で9勝6敗の好成績。前頭筆頭に上がりました。栃煌山は、三役に上がると大敗し、大きく番付を下げて、前頭の中下位で大勝ちして上がる、を繰り返しています。
 とはいえ、同じような時期に幕内に上がってきた安馬(日馬富士)が横綱になりましたので、そろそろこの繰り返しからの脱却が望まれます。元来器用なため、前さばきで相撲を取ろうとしますが、その際に腰が引けているので、一気に押されてしまうパターンで負けてしまいます。もろ差しから押し込んだ時の強さを観ると「前に出ながら前さばきの良さを発揮」出来るようになれば、もっと勝てるように思います。
・旭天鵬
 先場所は、前頭11枚目で10勝5敗の好成績。それも9連勝の後、10日目に大関鶴竜との取組を組まれての好成績ですから立派なもの。今場所は前頭6枚目に上がりましたが、原則として横綱・大関との取組は無い地位であること、5月場所で優勝した時が前頭7枚目であったこと、そして元気いっぱいで年齢からくる衰えが見えないことから、好成績を期待します。

 先場所小結から、今場所前頭5枚目に下がった碧山や同13枚目に下がった若荒雄も気になりますが、広げるとキリが無いので、今場所は上記の10人に期待したいと思います。

 以上、筆者の勝手な見方で恐縮です。
 久しぶりに東西に横綱が揃った場所です。先場所休場の三大関復活の場所でもあります。そして、優勝争いに意外な展開があるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[スポーツの起源] アメリカは団体競技、日本は個人競技
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技8] 男子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 今期初優勝
[NPB2020(無観客)] ロッテマリーンズ 8連勝!
[競馬コラム271・宝塚記念2020] 「重巧者」 クロノジェネシス 圧勝!
[温故知新2020-男子水球] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 山川穂高選手の逆転3ランホームラン
[温故知新2020-競泳6] 女子200m平泳ぎ 日本チーム「伝統」の種目
[競馬(無観客)] 宝塚記念2020の注目馬
[セリエA2019~20(無観客)] 再開!
[プレミアリーグ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ベテランの戦い
[NPB2020(無観客)] 開幕3連戦の結果
[温故知新2020-陸上競技7] 女子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳5] 男子4×200mフリーリレー 日本チームの復活
[温故知新2020-男子ホッケー] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 6月19日 歴史的な開幕
[競馬コラム270-日本馬の海外挑戦13] 2010年 ブエナビスタとナカヤマフェスタ
[温故知新2020-女子テニス5] 「強烈無比なフォアハンド」 シュテフィ・グラフ選手
[温故知新2020-男子テニス6] 初代「ザ・オールラウンダー」 ピート・サンプラス選手
[温故知新2020-女子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] トーナメントの再開!
[温故知新2020-陸上競技6] 男子砲丸投げ オリンピック金メダリストの記録
[ラグビー日本選手権2006・2回戦] 早稲田大学チーム トヨタ自動車チームを破る
[温故知新2020-競泳4] 男子200m平泳ぎ 日本チームの「お家芸」
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] バイエルン 圧倒的な攻撃力
[温故知新2020-女子テニス4] WTAツアー歴代最多勝 マルチナ・ナブラチロバ選手
[温故知新2020-陸上競技5] 女子走り高跳び オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-男子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 長谷部誠選手 309試合出場!
[温故知新2020-男子テニス5] 「フラットの強打」 ジミー・コナーズ選手
[UEFA-EURO2000準決勝] フランス ポルトガルとの死闘を制す
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
Entry TAG
大相撲11月場所   新横綱日馬富士      白鵬   稀勢の里  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031